忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
[01/23 qsnSIglro]
[08/02 coniglia]
[07/24 おんだ]
[10/23 佐藤]
[11/04 かなぶん]
[10/13 大型G]
[09/29 coniglia]
[09/09 新入り]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2017.08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev : 07月
next : 09月
マイペースな管理人が綴るイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





旅から帰ってレポを書く度に、旅程のリアル感を出そうと躍起になり
長くなってしまって結局未完のままネタな日々に埋もれてしまう
(例・2007年明けのオーストリア、2007年夏のドイツの最終日、
2008年明けの南スペイン&ジブラルタル、2008年夏のオランダ)ので
今回はサクっといきます。サクっと。




初日は土曜の朝から出発してサン・マリノ共和国へ。この時以来二度目
だけど、何度でも行きたい国だ。

















今日はまたいい天気・・・。



一つ目の城は前回行ったので、今回はその城から見えたもうひとつの城へ。






・・・そこ、道じゃないですよ・・・


でもこの方々の他にもチャレンジャー多数。(笑)
そしてもうひとつの城への城門が・・・







・・・景観とか全く無視なのね・・・(涙)

門を潜るとこんな風景が眼前に。
ちょっと感動。










あれが目指す二番目の城(塔?)。



道中のお土産屋にあった衝撃的なお土産・・・お土産??





スゴイッ。



城の中も当時の武器がズラリ。









ここまで綺麗に残ってるのに驚く。薬莢まで・・・。



外に出て塔に登り、周りを見渡すことに。









最初に行った塔。
・・・スゴイところに建ってるな・・・





反対側には三番目の塔。
どうしようか迷ったが、時間の関係で今日は諦める。

サンマリノの国旗には、この3つの塔がデザインされている。



ちなみに足元はこんな感じ。





雨水の排水のため?結構立派な穴。










元来た道を戻り、最初の城の近くの店でランチ。
メニューにカルボナーラがあったので久しぶりに注文。







!!!黄色すぎる!(笑)

でも食べてみると意外とアッサリで優しい味。






店員さんが陽気で親切で食後のコーヒーまでとても美味しい、
眺めのよい素敵なお店だった。


市庁まで(ウインドー)ショッピング兼ねてブラブラ。
ミニカーやラジコンのお店がいっぱいで、特にある店はワタシのツボに
かなーりヒットし、Apeのミニカーゲット。










いや~やっぱりサンマリノっていい場所だね~と嬉々としてパーキングに
戻ると、なんかこんな紙切れがクルマに挟まってまして。






目の前のパーキングメーター使用中止だったし、周りのクルマに何も
載ってなかったので「土日は無料なんだ~」と油断していたらしい相方。

んなわけない


とりあえず「そのままだと8ユーロずつ日々加算されます」というのは
なんとなく読めるので焦る我々。
かといってどこで?誰に?払うのかよくわからない・・・

近くにある店のヒトに聞くと”パーキング8に行ってみて”とのこと。
ここはパーキング5。標識を見ながら道を走り、ようやく辿り着くも
誰もいないし払うところらしき場所も無い・・・

うろうろしてその辺にいた制服着ているオッサンに聞くと
”パーキング2に行ってみて”と。

でたー、
イタリア式たらい回しの刑



サンマリノよ、お前もイタリアか・・・とガッカリ。
ああ、ここから無事解放されるまで何時間かかるのかしら・・・と
皆が青ざめつつパーキング2へオッカナビックリ行ってみると、
あっさりオジサンがいるゲートのような場所があり、そこで8ユーロ
支払って終了。(ちなみに本来のパーキング料金はその半額くらい)

おっ。あっさり解放された!!
やはりサンマリノはイタリアとは”若干”違うようだ。(爆)



夕暮れ迫る高速を一路、宿のあるボローニャへ。








~「初冬の小旅行②・ボローニャで夕食を」へ続く~













拍手

PR













?!?!?

丘の上にたくさんの飛行機が!!!?
(なんだか博物館か何かが近くにある模様・・・)





いよいよサンマリノ共和国へ。

(サンマリノ共和国・世界で5番目に小さい国家で、最も古い共和国。
 総人口2万7000人、首都サンマリノの人口4500人)






・・・意外とあっさり入国。



と、思ったら。

運悪く警察の検問にひっかかった。





イタリア国内より厳しいチェック。さすがだ。









あの城、カッコイイなあ。山上に聳える城・・・














実はここサンマリノでもたくさんのチンクエに遭遇。
ガルレンダでのミーティング帰り?!と無謀にも思ったが
ここサンマリノでも別のミーティングがあった模様。


チンクエ他のクルマネタその1その2







坂の上の駐車場にクルマを停め、少し歩くと展望台のような
小さな広場へ出た。







・・・すごい眺めだ。


まさしく”王”になったような気分?
サンマリノという国がいかに力を持っているかがよくわかるような。







・・・やはりここでもかなり無防備。

ピサの斜塔以上に自己責任・・・。柵も何もありゃしない。







さっき道路から見上げた城?
一番高い場所にあるようだ。










中はとても美しい城。(有料)
手入れがきちんとされているようだ。










更に中へ進むと、紫陽花がたくさん出迎えてくれた。















ぐるりと見渡すと、大きな塔のようなものが見える。











眼下には上ってきた道々と町並み。











正面に、もうひとつの城(要塞?)が・・・




行ってみたいが今回は時間的に無理かな。
また是非訪れたい・・・



パラグライダー?が飛んでる。








小さなドアがあったので入ってみた。
展示室のようだ。





城は改装されているようで、ビフォー・アフターの様子が。






当時の武器なども展示されていた。









違う入り口には小さな梯子が・・・







急で小さな梯子を上った先は、隠し部屋?
この梯子の小さすぎる出入り口はそれを物語っているようだ。










さらに階段が。


この辺りはほとんどが木材でできていて「日本の城」を彷彿とさせる。
なんとも不思議な懐かしい気持ちになった。








天井に近いところになぜか?中国語の名前のラクガキが・・・
(どう考えても登ってる位置?しかも数箇所)
マナー悪いよ・・・

















同じような風景だが少し違うのがわかるかな?



いい城だった。









お土産は様々なものがあったが”武器もの”が多いのには驚き。

ボーガンや弓矢系、ガンもたくさんあったが、






映画「キル・ビル」の影響か、日本刀のレプリカがたくさんあった。



 








中途ハンパな時間だったが少し休憩。





Cocomero(ココーメロ/スイカ)が夢のように甘くて美味しかった。
そして何より眺めが最高。

高台のため、気温もあまり高くなく、風が心地よい。










この国のポストは白い。


この国は「切手」が有名らしいのだが、時間の都合もあり探せず。




ちなみにクルマのナンバーやこのポストについている国旗のマークは
この国のシンボルの3つの要塞(城)のデザインらしい。

今回訪れたのはひとつだけ。次回は2つ攻略したい。

そしてクルマ関係の博物館が2つあるらしいので、これも次回。




絶対また来なきゃ。








帰り道の高速の上から見える、山々と時々目に留まる山上の城。

あれはまた異国風な・・・









なんだかとっても濃い週末だった。
長い長い旅にお付き合いありがとう。
















拍手

忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.