忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
[01/23 qsnSIglro]
[08/02 coniglia]
[07/24 おんだ]
[10/23 佐藤]
[11/04 かなぶん]
[10/13 大型G]
[09/29 coniglia]
[09/09 新入り]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2017.04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
prev : 03月
next : 05月
マイペースな管理人が綴るイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
1 2 3 4 5 6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






最近(というか元々?)まるっきりの夜行性で
夜明け頃に寝る、という吸血鬼のような生活。


でも夜明けの頃に、ぼんやりと海や空を眺めるのは気持ちがよい。
視覚もだけど・・なんといっても聴覚と嗅覚がとても敏感になる。








スカイライン・・・というか、シーライン?の言葉にならない色と姿・・・





そして午後からやっぱり夏らしくない空と気候。








もうイタリアの夏は終っちゃったのかなあ・・・


今年の夏のバカンス、はじめて南下するから(今までは
ドイツ・オランダ(+ベルギー他)・北欧と全て北上してた)
ドキドキはしているんだけど・・・












拍手

PR





白い空と海からの冷たい風。

懐かしい匂いがした。














みるみるうちに大粒の雨が降りしきる。















少し湿り気のある風が涼を呼ぶ。

蝉が啼かない日。





***





日曜日の早朝、ものすごい雨の音で目が覚めた。
時計を見ると午前6時。










後で虹も出たけど、すぐに消えてしまうほど激しい雨。
強い日差しなのに気温は低く、鳥肌がたつほどの寒さ。


光と影の交差する、美しく力強いその風景に見とれると同時に
自分もこうありたいと思った。















拍手






毎度のローマ通いの土曜日。

ムスメを学校に送り、必要な買い物をいくつか済ませ、
あっという間にお迎えの時間。
夜にわが町でやらなければならないコトがあり、
いつもより早い時間にローマを離れる。



夕食もサービスエリアで。

対向車線側にしかないアウトグリル(サービスエリア内の
セルフサービス型リストランテ)まで、地下道を通ったら・・・










綺麗なアーチ型の虹や、ツバメの巣を見つけた。




そしていつもの”どっぷり夜”な土曜日の帰り道では見られない
美しい夕暮れの高速道路から臨む風景に見惚れる・・・






春なのに、このところ日中でもちょっと肌寒いからか
わがアブルッツオ州・ラクイラの山々に雪帽子。


もう少し、春のイタリアの気まぐれっぷりを楽しめそうだ。





L'Autostrada A24 / L'Autostrada A25













拍手





わが町の郊外には、よく行く港そばの海岸Punta Penna
まだ行ったことのないPunta Aderciという海岸がある。

今日の午後、あまりに空が青かったので意を決して?
愛車を飛ばしてまだ見ぬもうひとつの海岸へ行ってみた。






入口が狭く、砂利がスゴイ・・・ちょっと不安。














砂煙がモウモウとあがるデコボコ道が延々と・・・

海と反対側は畑が一面に広がる。遠くには雪山が。












車高のある四駆じゃないとムリ~~~死ぬ~~~と叫びながら
なんとか海に降りる道が見えてきた!

でもホント、道はハードで長いので注意!!!







駐車場も小さめで何も無い空き地。


























でっかい流木に座るアヤシイアジア人女・・・(ムスメ撮影)


こんな不便で遅い時間(16時前)でも、何組がいたイタリア人。
彼らと帰り道にバッティングしたら大変そうなので(爆)早々に退散。
すごくいい場所だけど、休日は絶対混みそうだし時間も考えないと。


帰り道、いつものPunta Pennaの海を眺めて帰った。




























拍手






午後、友人に誘われてお昼ご飯をご馳走になった。

そういえば彼女の住居そばに桜並木があったなあ・・・
もしかしてお花見もできるかな??とウキウキして出かけた。










・・・昨今の雨模様であっという間に散っちゃった模様。
葉っぱも出てきていて・・・もう咲いてたんだな・・・残念。


ひらひらと、目の前で舞い落ちた数枚の花弁。

きっともう眺めることはできないけれど・・・
どうか来年もここで元気に咲いてね。












拍手





ムスメとよく行くわが町の外れにある港の海岸
春から夏にかけてはホタルも飛ぶ場所

気になっていながら、まだ行ったことがない脇道の先を
ムスメと探検してみることにした。








どんどん進んでゆくムスメ。








・・・今度ここでお弁当ランチしたいねぇ・・・(脳内計画中)








お。まだ真新しい階段?!
横の小さな看板には”遺跡”と書かれた文字とイラストが。
(ここまでの道のりにもたくさん城跡みたいな遺跡あったけど・・)


階段と、その先の草を掻き分けただけの小道をどんどん歩くと。





















ナゾの鉄塔?が四本・・・なんだろ???












遺跡のような廃墟の中心には、白い桃?のような可憐な花がたくさん・・・
小さな蕾も一杯ついていて、今から満開になるのかなあ。









海と空の境界のない晴れた日でした。
また来ようね。
















拍手

忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.