忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[05/16 ノモ]
[05/08 桂子ママ]
[05/04 conigla]
[05/01 はやしのりこ]
[04/16 conigla]
[04/10 葉っぱ]
[04/10 葉っぱ]
[03/20 NONAME]
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2019.06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
prev : 05月
next : 07月
2006~2010のイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。2018~は愛する老ワンコとインドに移住中。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



前編の続きです←

金曜日にインド人が来なかった理由、それは相方曰く
「彼らは曜日や日時で予定を組まないのではないか、
”〇日後”のように今を起点とした日程しか組めないのではないか」
というものでした・・・マジかっ

果たして土曜日の朝、観光に行こうとした我々の前に彼らが現れました(爆
3日後は確かに土曜日だったけど27日って彼らが言ったからわざわざ確認したのに(倒
かといって観光をやめる気はサラサラなかったので月曜日の午前中に変更してもらい・・・
ドキドキしながら月曜日、早起きして待っていたら・・・


鳴りました!呼び鈴!!(嬉)
予定が叶うとこんなに嬉しいものだとは!!(←インドマジックにかかってる














しばらくするとものすごいギャリギャリ音が・・・
い、石壁を削ってるんですね、きっと・・・



途中、足場になる何か貸して?的なことを言われて椅子を持っていき
(脚立か何か持ってこないのかい!)ゴソゴソ作業すること1時間弱ほど
大家さんのサーバントもやってきてブラインドを楽しそうにバサバサ動かす







「マダムもやってみて!」と満面の笑みで言われたが
仕組みおよび操作の仕方も十分わかっているので苦笑いでごまかす(笑
ジュースを一杯お出しし、「素晴らしい!!ありがとう!」と褒めちぎり
とっとと帰っていただきました・・・なぜなら






現場は一面粉だらけ・・・
彼らが全く掃除する気も道具もないことがわかっていたので
(言えばやってくれると思うが自分でやりたいので^^;)
掃除機で吸いまくり、拭きまくりの一人掃除大会が急遽開催されたのでした・・・はあ










この後、夕食の材料で玉ねぎが足りないことに気が付き、
夕方5時過ぎなら日も暮れて少しは涼しいだろう・・・と歩いて出かけたら
やっぱり死にました・・・インドの暑さは時間帯関係ないね・・・
(いつも買い物に行くマーケットの話も今度書きます!)

















拍手

PR


インドはイタリアに似ている、とよく思う
それを証拠に・・・毎日のようにネタがある
しかしそれを書く心身の余裕がなく(つい眠くなっちゃう^^;)
この週末もインドの誇るデリーの世界遺産も見てきたのだが
その前に日常のことをちょっと書いておこうと思う


今回は早速おきたハプニングのことも兼ねて(汗)インドの家のことについて。





入り口にはちゃんと門番がいて(そして彼はここで寝泊まりしてるっぽい・・・)
夜はセキュリティ上、この門は閉められる模様


そして家の中の感じもイタリアで住んでいた家に似ている(笑





リビング

床は大理石でヒンヤリ・・・
ただマチがつるつるして歩きにくそうなので^^;現在はマットを
いくつか購入して所々に敷いています(そしてトイレになってる・・・)






トイレ

シャワールームが綺麗で広め&防水がしっかりしてる(!)
とのことで相方この家に決めた大きなポイントの場所(笑
海外での水回りは大事だもんね・・・
ちなみにこの国の便器の右側には手を洗うシャワーが必ずあります
(もちろん使ったことはありませんw)
トイレットペーパーのホルダーが信じられない場所にあるのも同じ・・・

そしてこのようなパウダールームがどの家にも3つくらいあります(驚
(我が家のそのうちのひとつに、この国では珍しいと思われる
なかなか大きなバスタブがあるのでいつか使ってみます)



そして今回の舞台?!となるキッチン






家の中で最も暑い場所です・・・
なぜなら






このように朝から太陽の光が容赦なく降り注ぎ
冷房がガンガンに効いた天国の外は、実は40度の地獄だった
という現実を思い出させてくれる場所・・・


実はこの家に決めて間もなく相方が階下に住む大家に「日差しが眩しく暑いから
キッチンにブラインドつけてよ」とお願いしていたらしいのだが、私が来るまで
音沙汰なくそのまま時が過ぎ・・・この度相方が再度フォローしたところ、
先週の水曜日の午前中に突然!!玄関の呼び鈴がけたたましく鳴ったのでした
(この時はじめて呼び鈴の音を知る)

自分はなにも聞いていなかったし、はじめてのことだったので怖くて応答できず
その後も鳴り続ける呼び鈴と「ハロー」の応酬を無視、数十分後にようやく
あきらめたのか静寂が戻り・・・その後相方からの電話でブラインドの業者が
訪問したけど誰もいなかったと文句を言ってきたことが判明
でも約束も予告もなく外人に突然来られても知らんし怖いし

とりあえず訪問する日時を教えて?と彼らと話をつけた相方、結局その日の数時間後に
彼らはまたやってきて、キッチンの窓の寸法や希望のカラーなどを聞いてその日は終了
「また三日後に来る」と言って去っていきました・・・
その際に日付と時間を再度確認、27日の金曜日の午前10時前後ね?!と念押しして
彼らは帰っていったのだが・・・
仕事から帰宅した相方曰く「以前に窓の寸法も図ってたし、ブライドの色も俺が決めて
彼らに伝えとったわ!!」と憤慨・・・その時の情報はどこへ???
そしてインドの方々は三度フォローしてやっと動くというウワサは本当かも
と改めてフォローの大切さを噛みしめたのでした
(イタリアで学んだはずなのに日本に8年もいると忘れるね・・・テヘ)

はたして金曜日、玄関および呼び鈴は待てど暮らせど一向に鳴らず、
「インド人にしてやられた・・・」とつぶやく羽目になったのでした(続く






ただ、こんなこともあろうかと・・・
空輸便の受け取りを同じこの日にお願いしたぜ!
30分遅れてきたけどインド人従業員だったけど
日通さんはちゃんと来たぜ!







拍手

忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.