忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
[01/23 qsnSIglro]
[08/02 coniglia]
[07/24 おんだ]
[10/23 佐藤]
[11/04 かなぶん]
[10/13 大型G]
[09/29 coniglia]
[09/09 新入り]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2017.05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev : 04月
next : 06月
マイペースな管理人が綴るイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
1 2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。








岩だらけの海の上の遊歩道を、Cornigliaの村から
約一時間歩き、ようやく見えたManarolaの村・・・














まるで積み木のようなカラフルで可愛らしい家々・・・
チンクエテッレの楽しみのひとつかもしれない。


小雨がぱらついてきたのと歩いて少し疲れたので、近くのカフェで
お茶をした。アフォガートが美味しくてオススメ!












クルマのように路駐してるボート。(笑


村の突き当たりの駅まであっという間・・・







駅周辺には看板がたくさんあってわかりやすい。
時間も無いのでラスト五番目の村に向かう「愛の小道」を探す。












トンネルを抜けると駅のドまん前。ヒトの多さにビックリ。


ここで通行料(チケット/チンクエテッレカード)をチェック。













「愛の小道」というだけあって?ハートのモチーフのついたゲートが。















狭い遊歩道にちょっと強引なカフェも・・・(笑)



















トンネル?洞窟?のような通路。
そして「愛の小道」名物なのか、錠前やその他モロモロがいっぱい・・・
(神戸のビーナスブリッジにもあったな・・・)



















振り返る。


海に下りる道もある・・・興味シンシンだけどガマン。















五番目の村、Riomaggioreが見えてきた・・・



岩盤の地層がすごい・・・






















Manarola~Riomaggiore間の「愛の小道」は、Corniglia~
Manarola間と距離は同じくらいあったが、道が舗装されて
いたためか歩きやすく、所要時間は半分以下の30分弱。

























<復活祭(パスクア)の過ごし方2010~⑨へつづく>














拍手

PR





Corniglia(コルニーリア)の村を出て、いよいよ四番目の村
Manarola(マナローラ)へ、厳しいらしい?道を歩いて向かう。















こんなところも道・・・


外に出ると、今度は片側がネットや木の壁?で塞がれた
細い道がしばらく続く。














振り返る。Cornigliaの町からだいぶ離れたなあ・・・
遠くに見える小屋のようなものは通行料を払うところ。
中に誰もいなかったので華麗にスルー。
(先にはいくつか小屋があり、どこかで払えばOK)




しばらく歩くと、真っ直ぐだった道が突然行き止まりに。












行き止まりの左手に鉄門が。(落石があったりすると
この門が閉まってここから通行止めになるのかな?)

ここから徐々に登り道になってゆく・・・














つり橋があったり、ガードレールも無いむき出しの細い道。
こういうところはイタリアってすごいなあと思う。








途中は柵やネットがあるが、時々落石もあるらしい。





















振り返る・・・







途中に通行料を払う小屋あり。
(チンクエテッレカードがある方は提示しよう)










だんだん狭く、足場が悪くなってゆく・・・

ここにも落石や崖崩れ?で通行止めになる門があった。
















やっと腰を下ろせそうな広めの場所に着いた。
この辺りはカーブも多くて先が見通せない。













小高い場所に登れるような看板があったが、天気があやしく
なってきたので諦め、先を急ぐことにする。



そしてこのカーブを曲がった瞬間。








突然現れた家々の姿に思わず鳥肌が・・・













<復活祭(パスクア)の過ごし方2010~⑧へつづく>














拍手






さて、スリ騒動で車窓もゆっくり眺めないまま到着した
チンクエテッレ三番目の町、Corniglia(コルニーリア)。

わがHNであるConiglia(♀ウサギ)と一文字違いで
なんだか親近感を持った町ではあるが・・・






駅を出るとこんな古びた看板があり、ヒトがたくさん
歩いているので着いていってみる。












線路沿いの道を歩いていくと突き当たりのカベにこんな看板。
赤いしるしが現在位置・・・町は山上・・・ということは。

ここからは365段?の階段でのみ、進むことが出来るのだ。






階段の数の割には段差が緩やかなので、思ったより楽かも。
(車道のゆるやかなカーブでゆっくり歩くコースもあるようだ)


途中の眺めもなかなかよい。
天気が曇りでちょうどよかった・・・(晴れて暑かったら大変だ)







隣村のManarola(マナローナ)が見える。











ようやく登り終えてスグにある看板。
向かって左に町の中心があるようだ。









ちょっと寄り道して民家の並ぶ路地へ。
海に向かって降りてゆく風景がいいな・・・


分岐に戻って町の中心へ。

こじんまりしたBARやカフェ、お土産屋さんがポツポツ並ぶ。
(他の村々に比べて全体的に少なかった・・・)
















教会や城跡もあるけど素朴。
たぶんチンクエテッレの中では一番地味な村だろうけど
個人的にはちょっと好きかもしれない。






城跡の上からも臨む、ジェノヴァ湾(地中海)と隣村のマナローラ。



しばらく眺め、時間も無いので元来た道を戻る。











駅の側道?一応看板があるが、細い道を発見。
ここからは電車を使わず、全て徒歩で移動するのだ。






<復活祭(パスクア)の過ごし方2010~⑦へつづく>














拍手





事前に貰った時刻表で電車を調べ、やってきたLevanto駅。






五つの各村の間(それぞれ約5分ほど)を各駅停車で停まる列車が
一時間に二本くらいある。時刻表や地図などのインフォメーションは
各駅で手に入るらしいのだが・・・我々はチェック・インの時に
ホテルでチンクエテッレ・カードを買えたのでそこで全て貰えた。





我々は一日で周る予定だったので、電車・バス、遊歩道の通行料や
リオマッジョーレにあるエレベーターが使い放題の一日パスを購入。
パスのウラに名前を記入する。






列車に乗る前に駅のホームにある(レヴァント駅はホームにあがる
手前にあり)黄色の刻印機で打刻する。(画像の青やじるし)
最初に打刻したらあとはしなくてOK。
ホームにもモニターによる時刻表が提示される。(画像の赤やじるし)






スゴイヒト・・・
電車は二階建てで割りと清潔。


五つの村のうち、一番Levanto寄りの村Monterosso al Mare
(モンテロッソ・アル・マーレ)は、ヒトが多くてリゾート・
商業地化されてて落ち着かないとネットやブログであまり評判が
良くない模様なので華麗にスルー。










次の駅、チンクエテッレで一番美しい村らしい?Vernazza
(ヴェルナッツア)へ到着。











カラフルな民家や御土産屋を抜けると、あっという間に海岸へ。
凛と建つ、旧そうな教会が気になる・・・

まずは個人的に行きたかったDoria(ドリア)城へ!






この海岸端傍に案内の看板(↑画像)があって、狭い路地や階段を
登っていくのだが、所々にブルー矢印つきの案内板があるので安心。















辿り着いた、筒状の塔・・・ここをさらに登る。







屋上では360度のパノラマが・・・








遠くに隣村、モンテロッソが見える。
あそこから歩くと結構あるよね・・・


と思ったら、山間のブドウ畑をヒトが歩いてる・・・スゴイ。
乗ってきた列車の線路とトンネルも見える。













ヴェルナッツアの村。








反対側・・これから行く先の沿岸。
やっぱり山道を歩いているヒトがいる・・・
(我々は天気とムスメの体力と一番歩きたい道のために体力温存
することを考え、次の村のCornigliaまで電車で行くことに決めた)






ムスメとワタシが立ってる手前の穴?のようなところは小さな展示室。
昔の村や城の写真や資料が展示してある。


道の両側は民家が多いが「宿泊サービスあり」の貼紙が
たくさんあった。部屋を貸してくれるのかな?








城の入口があった海岸傍で、ちょと早めのランチ。
(小さな村でこの天気、この観光客の数なので、出遅れると
食いっぱぐれるキケン大なため・・・)






矢印のもやしみたいな植物・・・名産なのか?!
たくさんの家の前に飾るように置いてあった。つまんでみたい・・・

昨夜のロブスターソースが忘れられず、ランチにもあった
この店オリジナルのエビソースパスタ。





ほんのり甘くて本当に美味い・・・



お腹一杯になったところで、気になる教会に行ってみた。






素朴で静かな海岸端の教会。窓からの眺めが素晴らしかった。


さて三番目の村、その名もCorniglia(コルニーリア)!へ
電車で向かう。一文字違いだけどなんだかワクワク。(笑)








と、実は!!
ここでスリに遭ってしまったワタシ。

ちょうど来た電車にヒトが群がり、相方は空いてる場所を目指し
ワタシとムスメを置いてササーッと隣の車両へ行ってしまった。
ここでホームを走るよりもとりあえず電車に乗って、その後に
車両間で移動すればいいや~と車両に乗り込む瞬間、

カサッ・・

とバッグが触られる感触があったので、とっさにバッグを押さえて
手探りで中の財布を確かめつつ振り返ると、オバサンと子供?の
三人組が微笑みながら”前へ行きなさい、前へ!”と車両内を先に
進むように促してきた!(しかもワタシとムスメの間に割り込んで)

むっとしたワタシは、とりあえず彼女たちをジロジロ観察し(笑)
大事なものは取られていなかったようなので前へ進んだ。
しばらくして振り返ると彼女たちはおらず・・・







こういうフラップつきのショルダーで、ナナメがけしていたのだが
フラップにファスナーがついていて、その先が後に向いてたのね・・
そこを開けられていた。んで、そこにはハンカチが入っていたので
それが見事に盗られていた。(爆)

ハンカチ一枚で済んだから不幸中の幸いだったけど、チンクエテッレ
にもスリはいるよ~
ということで、旅行者の方はご注意を!!!





<復活祭(パスクア)の過ごし方2010~⑥へつづく>















拍手






今回の移動を毎度お馴染み?イタリアの地図で見ると、
向かって右下の赤●がわが町Vastoで青○がGenova。

そして次の目的地は青→で示した白ゾーンのあたり、
CinqueTerre~五つの大地と呼ばれる小さな漁村である。









そしてCinqueTerreの村の中では希望の宿が探せず、電車で一駅の
Levantoという閑静な町で宿をとった。
(後述するが、このLevantoの町が素晴らしかった)





***



夕暮れの山道(高速道路)をGenovaからLevantoまで走る。
夕食の時間を気にしながら・・・









高速道路を降りて国道へ。













かなりの山道で、雪が残っている場所も・・・
標高もどんどん高くなってゆく・・・







うっそうと生い茂る木々が迫る山道はガードレールも無い・・・
どんどん暗くなってゆくし、どんどん登ってる気も・・・

海は時々見えるが、一向に降りてゆく気配がなく不安が募る
その時。
















暗い中、突然であっという間だったのでゆっくりカメラを構えられず。
それでもなんだかワクワクしてきたのだった。

その後ホテルが見つからずちょっとウロウロしたが、無事到着。
時間が21時近くだったので、リストランテ探しは諦めてホテルで
夕食をとることに。予約していなかったが快く応じてくれた。







ホテルおススメのコースでプリモとセコンドが選べる。
ロブスターソースのパスタとスカロッピーナにした。









スカロッピーナとは牛肉を薄く延ばしたものを細切れにし、
塩コショウしたあと小麦粉をまぶしてソテーにしたもの。
添えられたフンギ(キノコ)がまたすごく美味で・・・
パスタもソース共にすごく美味しくて全部ペロリ。

食後のソルベット・リモーネ(レモンシャーベット)も最高だった。



この宿はリストランテだけでなく、フロントのサービスも最高で
室内も室内の付属品も、おそらくイタリアで過去最高の宿だった。

おまけに次の日の朝、カーテンを開けてビックリ・・・










庭付き!しかも小さな門から直接外に散歩に行ける・・・
そして眼下にはLevantoの町と駅が一望。(駅まで近い!)

感動しつつ、そういえば今日は朝からマレーシアグランプリでは?
とF1チェックを忘れないヘンな四十路オバハンのワタシ


テレビをつけると・・・







いつもはF1中継を流すRai1がパスクアムード200%・・・
(それで今回Rai2が放送担当だったんだ・・・)

バティカンの厳かなムードに続いて、なぜかお料理タイム。






朝からパスクアのタマゴチョコ作ってるよ・・・
大の大人が三人も揃って大騒ぎ&大真面目に・・・
すんごくしゃべる男性司会者にウンザリしてるシェフが面白かった。

ちなみにRai3は・・・






やっぱりパスクア、しかもアニメ。(笑)


とりあえずスタートだけ見守って、朝食を食べた後に出発!













ホテルから”広い車道もあるけど、歩道を通ったら駅まで5分よ”
と教えてもらったけど・・・ほとんど私用地では?!とビビるくらい
草の生えた土と砂利のせま~~~い道を迷いながら歩く・・・

ホントに着くの??と思った数分後、ようやく駅に到着。







日本にもありそうな小さな田舎の駅。
ここからCinqueTerreの各駅停車の旅が始まるのである。






<復活祭(パスクア)の過ごし方2010~⑤へつづく>















拍手





水族館から街中へはそんなに遠くないので徒歩で充分。
街の雰囲気を感じることもできて面白かった。










迫り来るような高く旧い建物が続く、細く暗い路地・・・

移民らしき外国人の人々もすごく多い。
特にモロッコ系?タジンやクスクスの料理店もあった。







↑すごいニオイのした路地裏・・・一体?!





潜水艦も見える不思議な光景。













クリストーフォロ・コロンボ、かの有名なコロンブスの像。
彼はジェノヴァ生まれのイタリア人なのだ。



大好きな城が無いので?とりあえず王宮に行く。
















中庭と池は無料だが、王宮の中は有料。
せっかくだから・・・と入ったが、イタリア語のガイドつきでしか
周れない、あげくガイドのイタリア人女性がしゃべるしゃべる・・・

あまりに時間がかかるので、ムスメをトイレに行かせつつイタリア語が
わからない振りをして英語のガイドプレート(フランス語、ドイツ語も
あり)を眺めながら、徐々に少しずつ先を急いだ。疲れた~~~



ムスメも不機嫌になってきたのでオシャレなカフェで休憩。
ケーキを食べるつもりが、ショーケース内のホットサンドが
あまりに美味しそうで・・・








ランチも食べたのに。(笑)
でもすごく美味しくて半分はムスメに取られた。



小雨振る中、赤と白の宮殿がある通りへ。
中は美術館らしい?とのことで、外から眺めるだけ。








てくてく歩くと、旧そうな教会がある広場に出た。

↓写真に写ってるけど、モロッコ系ではなくアフリカ系?の肌の黒い
方々がやたら傘を売ってた。そういえば水族館周辺でも売ってた。
結構売れてたけど・・・骨組みがよいとかなんとかとは相方の弁。










商店街のようなアーケード発見。













たくさん見える場所に魚介類がたくさん置かれていたけど・・・
我々日本人には微妙な感じ。あまり新鮮ではないような・・・

でもお腹は空いてきた。時間はまだ18時過ぎ。

ちょっとここで時間潰したらジェノヴァでディナーできるけど
仮眠が足りなかったこともあって、みんなもう限界。
眠くて眠くて仕方なかった。とりあえず宿でゆっくりしたい。

満場一致でジェノヴァはここまで、一路宿を取った町へ向かった。







<復活祭(パスクア)の過ごし方2010~④へつづく>













拍手

忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.