忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
[01/23 qsnSIglro]
[08/02 coniglia]
[07/24 おんだ]
[10/23 佐藤]
[11/04 かなぶん]
[10/13 大型G]
[09/29 coniglia]
[09/09 新入り]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2017.11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
prev : 10月
next : 12月
マイペースな管理人が綴るイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





ロープウエイに乗る!!わくわく。








下り場が二箇所あるため、どこまで行くのかによって値段が変わる。
我々はモチロン一番てっぺんまで。大人(もちろん)往復18ユーロ。










城が小さくなってゆく~
(窓ガラスが案外曇ってて(汚れ?)見えにくい・・・)


あっという間に最初の駅?に到着。
リストランテやバールもあるようだ。
ハイキングで来てるヒトもいるようで、なんだかのどかな感じ。






我々が行くのはあの先・・・
高いな・・・


ココから先はロープウエイがくるくる回転して(!)
風景を180度楽しむことができるようになっている。










遠くにアルプスも見える。
だいぶ高く上がってきたな・・・
(やっぱり窓ガラスが曇ってて見えにくい・・・)



切り立った山肌にヒヤヒヤ、揺れること数回のスリル満点な
空中散歩を終えて、無事山上へ!












一頻り素晴らしい風景に感嘆し、空いたお腹をなだめるべく
山小屋?のリストランテへ。










14時を過ぎていたが、我々の両隣も埋まるほどランチをする
旅行者らしき人々がいっぱい。(ちなみに両隣は言葉から察するに
ドイツ人だった。パスタをスプーンでタテにくるくる巻いて食べて
いるのにちょっとビックリ(笑))
ワタシはこの店の名前(山小屋)がついたパスタ、相方と娘は
カルボナーラ。果たして”山小屋”パスタはアラビアータのような
ピリ辛パスタでワタシ的には失敗・・カルボナーラは美味だった。


店にかかっていた写真。
雪が積もるとこの辺りはこうなるんだ・・・





ちなみに現在はこんな風景。








食後の散歩がまた・・・息を呑む絶景の世界。












人間ってちっぽけだよな・・・

















アルプスを背景に、ガルダ湖に降りてゆくパラグライダー。
この日はいくつも飛んでいた。

気持ちいいだろうな~。ワタシも飛んでみたい・・・











・・・しかしこの天にも昇る、幸せな気持ちもこの事件のせいで台無し。
この後カメラをどこにも向ける気力が無く、なーんも思い出が無い。

そうやって楽しい旅行に行っても、結局嫌な気分になることが多いので
旅行に行くのが正直億劫になってる。(行き先がギリまで決まらないのは
そのせいもあるんだけど・・・)あーあ。



最後結局グチになってるけど(汗)ガルダ湖はガチで素晴らしい。
北イタリアに行くなら是非!!!














拍手

PR




今日はわが町に帰る日。
だけど折角のイタッ晴れなのでちょいとドライブ。

そのワケは・・・前日ホテルで見つけたパンフレットのこの風景。






なにこれ~っ!!
行かなイカン!!!

とフガフガ大興奮。


地図を見て位置確認。
現在地(ホテル)はガルダランドの近くの町なので・・・





湖沿いは絶対渋滞だから、途中は湖から少し離れた高速をひた走り
北上した途中で湖沿いの道に入ろう!という魂胆で。

ちょっと遠いかな・・・と思いつつ。












山道をひた走るも・・・みんな同じ考えなのか、渋滞気味。
今日帰らなアカンのに、大丈夫かいな・・・と不安に。


そして山道を抜けた?!と思ったら目の前に。























白い鳥の群れのような、ヨット。








いえーい。








・・・たぶん、フツーのトンネルだと思うんですが・・・
みなさん勝手にクライミングされてます・・・スゴッ。



そしてもちろん、湖ではみなさん早くもビーチ気分・・・





磯臭くも無いし、潮のベタベタ感も無いからいいかも!
今度は水着の用意して来よう!!


しばらく走ると、左側にロープウエイとMonte Baldoの表示アリ。
(比較的小さい看板なので見逃しやすいかも?)
あまり広くない道を左折して登ってゆく。







駐車場はロープウエイ乗り場から更に100メートルくらい先を
登っていったところ。(いくつかあるが、それぞれあまり広くない)

クルマを停めた後、トコトコ来た道を下りてロープウェイ乗り場へ。
ちなみにモンテ・バルドは標高約2000m。半袖やノースリーブの
地上から行くには寒いか?と危惧して途中上着を購入したのだが
ロープウェイ乗り場傍の店や山上にもたくさん上着を売ってた(しかも
結構安い)ので心配無用だった・・・




ロープウエイ乗り場から見える城のような建物。





湖に佇む城なんて素敵だなあ・・・行ってみたいけど次回かな?






~Monte Baldo(モンテ・バルド)後編へつづく~














拍手






すっかり夏気分?!水着姿でくつろぐ人々の近くにこんな建物を発見。







ガラスに書いてある文字から察するに、温泉に関する建物のようで・・・
って温泉?!あるの??
この辺りに?!?!


でも結局この時は見つけられず・・・







ホントは道もあるのですが、道なき道をショートカット・・・


登った先は展望台・・・というより草茫々のだだっ広い広場?
何にも無いこの場所から見える風景は絶景・・・












広場の端に小さな建物があり、有料(4ユーロ)の博物館らしい。
ヒトがたくさんいるしトイレにも行きたかったので入ってみる。






ガルダ湖ができた経緯・・・氷河からできたんだ・・・
(この先の出土品などは厳しく撮影禁止なので画像なし)


博物館を出て、順路に従って歩くと・・・









いきなりローマ遺跡!!!
(ここだったのか~!)

つか・・・遺跡にはタッチ禁止って書いてあったけど、
上に乗っかってポーズとってる方もいらっしゃいますが・・・(汗


説明が書かれたボードもあって親切。
しかも日本語がある!!!(漢字間違ってるけど・・・)

















かつては屋根もあったらしい回廊の跡も。
湖に向かって佇む姿が美しい・・・







































崩れやすいのか・・・ロープでひっぱって固定している岩も。








なんというか・・・本当に美しい場所だった。
夕暮れ時も綺麗なんだろうな・・・




往路は通らず、ちゃんとした舗装路を下りて町に出る。






道路端になぜか体重計が・・・なぜ?どうして???


その傍に堂々と建つTerme(テルメ/温泉・公衆浴場)を発見!
ここにあったんだね・・・





行きたかったが、水着もないし18時までなので断念。


その後、いろんな店を物色してのんびり歩く。
画像が無いけどジェラテリアのジェラートがものすごかった。











また来たいなあ・・ここも。







城塞の傍にあるインフォメーションには、その場ですぐに
空いてるホテルを探せるこんな便利なシステムも。






ホテルに戻ると、この日の夜もイベント?!が・・・






子供たちが輪になって大音量のダンス・ミュージックにあわせて
踊りまくってた・・・最後には親も一緒に。
気がつくと隣の部屋からも大きな歌声が・・・ははは。












拍手





今日も綺麗な青空。
のんびり朝食をホテルでとった後、10時過ぎにガルダ湖半の
シルミオーネという小さな町へ出発。
その町にはローマ遺跡が残っているらしく、ネットで見つけた
その画像にワタシは一目ぼれしたのだった。





この時間で反対車線は大渋滞・・・方向的にガルダランドかな??
昨日朝イチで行っといてよかったなあ・・・



ガルダ湖沿いの一本道を一時間くらい走っただろうか、やっと標識が。






町は小奇麗でお店もたくさんある。
なんとか駐車場を見つけてクルマを停め、町外れにあるらしい
スカラ家の城塞に向かって歩く。











なんて綺麗なエメラルドグリーン・・・

鴨もたくさん泳いでいる。






城が見えてきた。本当に町の端っこにある。(笑



城の脇にはフルーツ売りの露店が繁盛していた。















城門を潜ると賑やかな広場に出た。
本当は城にも入れるみたいだが、本日月曜日は休館。残念。


店があまり無く、ヒトも少ない道を進む。











時間的にもお腹具合も少し早いが、ヒトの多さと流れを見込んで
今のうちにランチを済ませることにした。


小さな通りの奥まった店を覗くと、店の向こうに湖の素晴らしい
展望が見えたので、思わず入る。





一等席が空いていて薦められたが、日差しが気になり敢無く・・・








入って気がついたが(爆)かなり高級店らしい。
相方に渡された男性用のメニューには値段が書いてあるが、
ワタシに渡された女性用には無い。
(ちなみにテーブル上に小さく見える串刺しのオツマミはカレー味!)

ワインリストも巨大な辞書のような厚さ。
給仕の仕方もかなり念入りで手間がかかっていて美しかった。



パンがこのようなカタチで出てくる店はイタリアでははじめて。






”テンプラ”と銘打たれたメニューがあったので頼んでみたら
このようなものが運ばれてきた。





白身魚のフライ?
テンプラではないが、口当たりがよく美味しかった。

プチデザートも色々な味が楽しめる、しっかりコクのある
美味しいお菓子だった。






気持ちのよいサービスと美味しいメニューに満足し、いつの間にか
満席になっている店を後にした。










みんな思い思いに湖の美しさとこの季節を楽しんでいる。






・・・かわいい・・・(微笑)







・・・!!!(汗)



気を取り直して湖沿いの小道を歩く。






・・・スズメ!!!


それにしても綺麗だなあ・・・











魚もいる・・・見える?








・・・水の中に生えるオリーブなんてはじめて・・・









道は多くの観光客が屯っているビーチのようなところに出た。
桟橋にもたくさんのヒト。

そしてこの先を上に登ると展望台があるらしい。





~Sirmione(シルミオーネ)後編へつづく~











拍手





夕方補習校を出て空港傍の大型ショッピングモールで食事後、
ローマを出発。高速を夜通し走り、目的地近くのサービスエリアで
数時間仮眠。(車中泊スタイル、そろそろ限界かも(--;))

6時過ぎには綺麗に夜が明けていた。
BARで簡単に朝食を済ませて出発。半袖一枚では肌寒い・・・













最初にどこに行くか迷ったけど、天気も良いので・・・
イタリアで遊園地といえばココ!のガルダランドへ。







ほぼ開門時間なのに駐車場、結構ガラガラ・・・
イタリアで一番有名っぽいのに、日本の某ランドとはえらい違いだな・・・

ガルダランドのキャラクター(名前不明)がデカデカと立ってます。



入り口傍には遊具の制限に関する一覧やイベントのスケジュールが
あって、デジカメで撮影しておくと移動中に確認できて便利。














いよいよ入門!
















お姫様や王子様が歩いてる・・・なんか絵になるなあ。


写真撮影用のこんなオブジェ↓もあった。
顔出して見たかったけど、あまりの人気スポット(笑)に断念。






朝イチで入場したため(ヨーロッパ人は基本スロースターターらしい)
どのアトラクションにも比較的並ばず乗れるようなので、とりあえず
人気であろう絶叫系(パンフによるとEnergyゾーン)にGO!






足プラプラ・・・ワタシはパス・・・
喜んで並んだ娘は残念ながら150センチ以下乗れず。

このBLUE TORNADOにはフードコーナーも併設してあって
お昼ご飯はここにお世話になった。














見てるだけでお腹イッパイっす・・・←小心者

せっかく入場料払ってんだから(入場料は大人一律料金で乗り放題)
何か乗りなよ!!とムリヤリ乗せられたMAMMUT(マンモス)という
某ランドのパクリ的ジェットコースター。











・・・やっぱムリ・・・


その後も娘と相方は四回転&ツイストのジェットコースターなどに
乗りまくり。ヒトも徐々に増え始め、1時間待ちの列も出てきた。
見てるだけだったワタシもつい「ボート系なら・・・」とうっかり
言ってしまい、FUGA DA ATLANTIDEというボート系コースターに並ぶも
かなりのヒト・・・そろそろ正午だし、食事コーナーが空いてるうちに
食べて他の人々と時間差で動こう!とフードコートに移動。






セットメニューがほとんどで正直美味しくない・・・
でも遊園地ってこんなものかな・・・と頬張る。





つ、翼君・・・



腹ごなしも済み、再びFUGA DA ATLANTIDEに並ぶ。










出口から出てくる人たちが濡れてない様子なので、安心していたら









思ったより水浸し



絶叫系(Energy)ゾーンに乗りまくったので、そろそろワタシも
楽しめるADVENTURE(アドベンチャー)ゾーンに行こうと提案。
JUNGLE RAPIDSというアトラクションに乗り込むも








やっぱり水浸し

さっきより濡れてるけど???


太陽の下で服と髪の毛を乾かし、気を取り直して再びアドベンチャー
ゾーンへ。飛び出すメガネ&動くイスに座り、冒険気分に浸れる
TIME VOYAGERSへ。





並んでる途中に騒いでるバカ男(デブ)がワタシの列にはみ出てきた
ので、持ってた扇子でどついたら大人しくなった。
(時々自分でもビックリするほど大胆なことしますワタシ・・・)

アトラクションはなかなか面白かった。
ここでもちょっぴり濡れたけど。(謎)




それにしても、各アトラクションで見かけたこの看板。





実はコレ、お金さえ出せば待たずに乗れる優先レーンだったようで・・・











このシステムのおかげで、普通に並んでる我々は
更に待たされてたらしい・・・知らなかったし。
微妙なシステムだな・・・








天気もよく、楽しめたガルダランド。また機会があれば来たいな~!!






***



その日の夕食はホテルから数キロ離れた(ホテル周辺は一面のブドウ畑)
小さな町のピッツェリア&リストランテ。美味しかった!!
”ほうき星”という名のその店のピッツェはコックが生地をちゃんと自分で
捏ねて伸ばして釜で焼いていた。






ビックリしたんだけど・・・生地を横じゃなく
縦に回して伸ばしてるの・・・!!!
カッコエエ!



そして帰宅したホテルのプールサイドでは、大音量でなにやら余興が・・・






楽しそうだけど元気だな~(笑)













拍手





土曜日のローマ(補習校)からそのまま約500キロ北上した
ミラノとヴェネツィアの間に位置するイタリア最大の湖、ガルダ湖へ
2日のイタリアの祝日(共和国記念日)を利用して行って来ました!









(※ここからはグチを含みますので苦手な方はスルーお願いします)





最後の最後に訪れたこの場所で”いきなり1時間放置プレー”事件勃発。
ごめんと謝られたものの、すぐに機嫌が治る状態ではなかったワタシに
謝っただろ?!気に入らないならクルマから降りろ!!」と逆切れ&
脅しにかかる相方。なぜ怒る側のワタシが怒られてるのだ??とかなり
凹み・・・おまけに夕食も食べさせてもらえず、娘もワタシも帰りの高速の
サービスエリアで泣いてしまい、イタリア人達にも注目され・・・(--;

「終わりよければ全てよし」の逆も然りだと改めて実感。



旅行記は5月31日・6月1日・6月2日のそれぞれの日程のエントリーにて
のんびりアップしますのでお時間と興味のある方はどうぞ!

(なお、クルマネタはコチラに別アップしてます♪)











拍手

忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.