忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
[01/23 qsnSIglro]
[08/02 coniglia]
[07/24 おんだ]
[10/23 佐藤]
[11/04 かなぶん]
[10/13 大型G]
[09/29 coniglia]
[09/09 新入り]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2017.06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
prev : 05月
next : 07月
マイペースな管理人が綴るイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
1 2 3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





Wolfsburg(ヴォルフスブルグ)はこじんまりした町。
地図上の青い●がその位置。
(ちなみにこの地図の地名は全部伊語なのでミュンヘン=Monaco(!))






夕食をとろうと19時過ぎに町に出るも・・・店があまり開いてない。

ホテル傍でオープンしていた店に入るとギリシャ料理の店。
肉料理だったが、まあまあ美味しかった。
(ご馳走になったギリシャ名物という食後酒がコレと同じ味で
思わず吹き出した・・・)






そして食後ぶらぶら散歩していると・・・









!!!

か・・・かわいい影・・・
ウ・・・ウサギだっっっっっ!!!


興奮してジタバタしていると、偶然にもアウトシュタットでランチした和食の
店の店員さん(日本人男性)が自転車で通りかかり、我々に気がつき談笑。
「この町は人間よりウサギのほうが多いんだよ」と教えてくれた。(笑)

そういえば以前ドイツ・フランクフルトに行った時にもそうだった。
ドイツは野良のワンコやニャンコもいなくてうさぎの楽園なのかもなあ・・・



朝目覚めて何気なく外を見ると。










なにこれ・・・


可愛すぎる~~~







まゆげのあるオトコマエなウサもいたよ。(笑)








~2009年夏・北欧+αの旅④につづく~














拍手

PR





北部ドイツのフォルクス・ワーゲンの町、Wolfsburg(ヴォルフスブルグ)。
イタリアとの距離・位置関係はコチラをどうぞ。

ここにはとある魅力的な巨大施設があるのだ。
その名もAutostadt(アウトシュタット)~ドイツ語で”クルマの町”。
クルマネタになるので、詳しい画像レポはコチラコチラにてアップ。
お時間と興味のある方は是非どうぞ。


そして目玉施設であるツイン・タワーの動画はコチラ。











ちなみに高さ約50メートル、一本のタワーには400台の新車が並ぶ。


もちろんこのタワー以外にもクルマに関する施設がいっぱい。















ランボルギーニのパビリオン。
中は見てのお楽しみ・・・。


とにかく広い!!!
そしてクルマに興味の無い人々でも一日充分楽しめる。





ハイジがオープニングで乗ってるみたいな巨大ブランコ。(笑)
乗りたかったけど、強風で運営中止に。(涙)

遊具やカフェ・レストラン、そしてショッピングコーナーも充実。
午後にはなかなか派手な噴水ショー。




風が本当に強くて、噴水が巨大なシャワー状態。
大人たちは大慌てで避難したり傘を差したり・・・
一方、子供たちは服を脱いで大はしゃぎ。(笑)


ちなみにこの日のムスメの日記には、こんなイラストが描かれていた。






添えられた一文は「最後の最後までふぅんで終った私でした。」だって。
噴水ショーではずぶ濡れで踊ってたくせに。(笑)






~2009年夏・北欧+αの旅③につづく~














拍手




今年は陸路でちょっと遠くへ足を伸ばすため、二週間の休みをまるっと使い
わが南イタリアの田舎町から北上北上~。


到着予定+車中仮眠時刻から逆算して午前中に出発。
今日もアドリア海は青い!!!









アドリア海屈指のリゾート地、リミニ周辺は大渋滞。
イタリアでも連休の渋滞はよくあることで、夏は特に南下側がハマる。






あ・・・ウワサのCARPIはここか・・結構北なのね。(笑)



その後もどんどん北上。
日が暮れる20時頃、ようやくオーストリアとの国境付近へ。









イタリアらしい、山上の美しい小さな町もこの辺りまで
ドロミテ渓谷と接する山の風景も異国のような雰囲気。



そしてイタリア→オーストリア経由でドイツへ入国。
(行程の様子は2007年夏のバカンス・ドイツ旅行の記事をどうぞ~)


目的地がドイツ北部のWolfsburg(ヴォルフスブルグ)に到着予定なので
夜間ひたすらドイツ国内を北上。夜のアウトバーンは快適・・と思いきや
工事箇所や制限速度が結構あってちょっと走りにくかった。


その後の道中はコチラ
そして今回の旅の第一目的地へ向かうのだった。





~2009年夏・北欧+αの旅②へつづく~















拍手





ホテルで一服後、最後のフランクフルトの夜を楽しむため
(といってもヘンな意味ではなくメインは夕食)再び外出。





外を歩き始めて数分でネタに出会った。










回転すし屋?
しかし店名「私の寿司」て・・・



絶対日本人経営の寿司屋じゃないよね?







もし日本人の方のお店だったらゴメンナサイ。

ちなみに、まだ19時過ぎ頃だったがかなり繁盛してた模様。





昨日通った大きな公園を、今日は別の方向からアプローチ。
遭難してしまいそうなくらい本当に広い。








出口も近づくある草むらで動くもの発見。





!!!












こ、こ、公園にウサギが住んでるぅ!!

しかも野生。





いぶかしげな顔で過ぎ去る現地のヒトビトを無視して
カメラ構えたりキャーキャー叫んでるヘンなアジア人家族。

数十分後。
ようやくハッと我に返り、そそくさとその場を立ち去ったのであった。









人の気配が全くないオフィス街。
ドイツにいることを忘れ、まるで日本の街を歩いているようだ。
(自分的には福岡・博多の街を歩いている錯覚に陥った)

途中、日本人が経営していたであろう寿司屋があった。
ブラインドが半分降ろされ、店内の観葉植物は枯れていた。








まだお腹がすかないので、行ってみたかったマインタワーに
登ることにした。このビルの最上階からフランクフルトが一望
できるらしいのだ。
マインタワーは54階建て高さ約200mの巨大なビル。
円筒型のわかりやすいカタチなので遠くからでもわかる。

入り口すぐのカウンターで一人4、5ユーロの入場料を払う。
その後ボディ&荷物チェックもあったりしてなんだか慎重。

展望台の1階下にレストランがあって、食事をしながら景観を
楽しめるらしいのだが、カウンターにあったレストランのメニュー
によると、最低でも80ユーロくらいしたのでビビってやめた。



エレベーターで展望台まで一気に上がる。





このメーター?面白い。




展望は屋外で、360度見事な景観だった。
















実は現在21時なのだが・・・





夕昏が見事で、マイン河の色が桃色に染まったのには
思わず歓声があがった。






陽が落ち始めると同時に、街には灯りが燈り始める。












名残惜しかったが、カラダが冷えてきたので降りることにした。



外はすっかり夜。
時間も遅くなったのであわてて夕食をとる店を探した。

しかしクルマが通る道沿いにはなかなか店がなく、結局
街の中心で店もたくさんあるレーマー広場に行ってみることに。





夜の広場は暗いが、店は何軒か開いていた。

ドイツで食べる夕食は最後なので、やはりドイツ料理を食べることに。







フランクフルト名物だというリンゴ酒を注文。

・・・しかしデカイ。
味はジュースのように飲みやすかった。



そしてオードブル?にこれ。




ソーセージ盛り合わせ!!!
最高に美味だった・・・また食べたい。


メインはそれぞれ注文したが、ワタシは仔牛のカツレツ。
よく考えたらまだ食べていなかったので・・・





ちょっと量が多かったけど、チキンやポークとまた違う美味しさ。



ドイツの料理は本当にお腹いっぱいになる。
今度はいつ食べられるかな・・・ご馳走様。




外に出ると、昼間見た建物の顔が夜の顔になっていた。














ドイツのパンは美味しかったなあ。


いよいよ明日はイタリアに戻る。
名残惜しい。






(帰路~ドイツ最後の城へつづく)












拍手





まだまだ続く、ドイツ旅行記。
一気にアップする予定が、日常の雑事とネタ?に振り回され
なかなか終わらずゴメンナサイ。






さて、フランクフルトの名物・蚤の市を堪能した後は
ぶらぶらと散策しつつ、街の中心に戻ることに。

マイン河沿いをてくてく歩く。






河沿いに、とても大きく遊具がキュートな公園発見。

娘が黙って通り過ぎるワケもなく、もちろんワタシも・・・






なんてカワイイ・・・






ワンコ禁止らしいこの公園。衛生上・・なのだろうか。

そして看板後ろの遊具の足元にはウッドチップが一面敷き詰められて
おり、子供が万が一落ちた場合のクッションとなっているようだ。
素晴らしい。






この後、この女の子はワタシ達家族をガン見したうえ、
我々の後をずーーーっとついてきた・・・






娘がはりきって漕いでたら寄ってきて一緒に漕ぎ始めた女の子。
異国の子が気になるのかな?


それにしてもニコリともしないわが子・・・

















白鳥がたくさんいたなあ。







街の中心までひたすら歩き、昨日行き損ねたレーマー広場へ。









独特のカタチとデザインの建物に圧倒されつつ
人だかりを見ると・・・中国人らしき大道芸人が。













・・・人だかりの見物人の中にはこんなヒトたちも。










レーマー広場から見える大聖堂。





かつてのローマ帝国皇帝の選挙や戴冠式が行われた教会。
13~15世紀にかけてゴシック風に建築された。
















その後デパートに寄っていろいろ買い物。
ドイツでどうしても買いたかったポットとウォーマーを購入。





画像無いけどウォーマーもカッコイイのだ。
セットで100ユーロ程だった。絶対買ってよかった!!
(日本語表示があったので日本でも買えるのかな?)




そして相方が昨日のお詫びにとかなり高価(シュタイフの倍以上)
なウサギのぬいぐるみをポンと買ってくれた。



しかし・・・














ゆきウサにまんまと奪われたのであった・・・









(フランクフルト その5’~夜の顔 につづく)











拍手





フランクフルトで2日目の朝を迎えた。



今日は土曜日。
ここフランクフルトでは毎週土曜日に、街を流れるマイン川沿いで
大きな「蚤の市」がひらかれる。
結構有名な市場らしく、イタリア人もよく来るそうだ。

特に予定もないので行ってみようかとミュンヘンで話していたのだが・・・
先日の気まずいムードが続き、それどころではない。


喧々囂々と討論の末、相方が非を認め、相方が謝る&
何か買ってもらうということで一件落着。
無事出かけることになった。







朝のフランクフルト駅前。
この辺りは韓国語の看板の店も多い。


便利な地下道を通って行く。


この地下道はもちろん地下鉄のりばにも続くのだが、
売店やスタンド、バッグや靴を売る小売店も並ぶ。
雰囲気的に、神戸の元町・三宮の地下を思い出す。





!なんと!!100円ショップならぬ、1ユーロショップ!
結局入らなかったけど・・・



地上に出て、まだ人気の無い朝の街を河に向かって歩く。




ドイツの横断歩道。
点線で囲ってあるだけで、横線は無い。










橋の上にもちゃんと自転車道路が。








これがフランクフルトを流れるマイン河。











フランクフルトの街、おはよう!!



対岸の風景は、住み慣れた愛知・岡崎城傍の橋から見た風景に
とてもよく似ていた。










橋を渡ると、人のざわめく声が聴こえてきた。
「蚤の市」は、もうすでにヒトでいっぱいだった。







いろんな色の肌や瞳の人々。
様々な品々。

目が2つでは足りないほどだ。
(物色に夢中だったので画像があまり無い・・・)









・・・欧州版のファミコンまである・・・





所々置かれているカフェや広場のようなところで休憩できる。
緑があふれる河沿いなので心地よい。

白鳥もたくさんいた。













遊覧船のリストランテもある。





市場の真ん中あたりにある、ホットドッグスタンド。
ものすごく活気に溢れていて美味しそうだったので、つい
ふらふらと行ってみた。






立ったまま食べるスタイルで、効率的な多角形スタンド。
作って売るヒト自身もぐるぐる回りながら仕事をしている。




メニューがイマイチわからなかったので、隣で美味しそうに
黙々と食べているドイツ人のおじさんに「それはなんという
名前なの?」と、指差しながら英語で聞いて教えてもらった。





これが一番人気のメニューだそう。
パンの大きさを無視した超ロングソーセージがめっちゃ美味しい!!!
そしてそして、このパン自体もすごく美味しいのだ・・・

ケチャップではない、特製ソースと甘めのマスタードがまたいい。



近くにあった屋台のカフェでコーヒーを飲み、
幸せな気分で市場を後にした。

(市場は13時頃まで・・・と聞いていたのだが、
この日は2時になってもまだ人だかりは絶えなかった)







市場での戦利品。高価なものはさすがに手を出せず。
(とてもカッコイイ形をしたアンティークの鉛筆削りを発見。
欲しかったのだが、40ユーロもしたので断念・・・)

真ん中のトングはパン用。
ミュンヘンでもフランクフルトでも、ホテルの朝食時に
小さなパンを取る際、とても使い心地がよかったので
是非買って帰ろうと思っていた。
おそらくブランド品だが、とても安かったので購入。




ワタシは”目”を持っていないのでムリだったが、
”目”を持っているヒトにとってこの「蚤の市」は
宝の山かもしれない。
しかし眺め歩くだけでも本当に楽しかった。





(フランクフルト その5へつづく)








拍手

忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.