忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[05/16 ノモ]
[05/08 桂子ママ]
[05/04 conigla]
[05/01 はやしのりこ]
[04/16 conigla]
[04/10 葉っぱ]
[04/10 葉っぱ]
[03/20 NONAME]
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2018.05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev : 04月
next : 06月
2006~2010のイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。2018~は愛する老ワンコとインドに移住中。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
1 2 3 4 5 6


先進国であるはずのイタリアと、まさに発展途上国のここインドが
なんとなく似ているところが多く、驚きとため息の日々が続く今日この頃ですが
決定的に違う点がたったひとつ(現時点で)あるのですがそれは


自分ひとりで自由に移動ができないということ


少なくともイタリアではひとりで自由に散歩できたし、ひとりでバスや電車に乗れた
さらには車の運転も自分で自由にできていつでもどこまでも行けた・・・
そしてこのことはワタシの大事なストレス解消法でもあったわけです

それなのにここインドではひとりで公共交通機関の利用は厳禁、車の運転も
専属のドライバー付き(毎日英語で何時に来てもらうか電話します)










(動画をアップできないのが残念ですが・・・)
まあ、この死ぬか生きるかの殺伐とした交通事情の中に飛び込む勇気はない


しかし”日々のストレス解消であるドライブ”ができないということが
またストレスになるわけで・・・そう考えるとイタリアはまだ良かったな・・・


しかしそう考えてばかりいても仕方ないので「えーい、歩いて買い物くらい
行ってやろうではないの!!」と外気温40度の中飛び出し、歩いて一キロ弱の
一番近いマーケット(商店街)まで歩いていくも毎回死にかけて後悔





ここがディフェンス・マーケットという我が家から一番近い市場
洗剤などの日用品や野菜などの食料を買います
正直綺麗とは言い難いですが、人が多く活気があって面白い一帯です
ちょっと昭和を感じます・・・

この近くに「24seven」というなんか聞いたことがあるようなネーミングの
コンビニ的小奇麗なチェーン店があるのですが、そこにもよく行きます

ただ、やはりここで熱中症や脱水症状で命を落とすことは避けたいので
仕方なく日々ドライバーを呼んでお世話になっています(トホホ)


マイ・ドライバーはやせ型のナイスガイ、ナレンダー氏




なかなかアグレッシブな運転するドライバーだなこの野郎と思っていたら
たぶんインドの路面がよくなくて酔うんだな、と最近気が付きました




赤い矢印は全部牛さんです(インドでは神扱い)
暑い日中は中央分離帯で寝ています・・・時々起きてふいに道路を横切ります









牛って草食だと思っていたんですが、残飯食べてます(衝撃






標識の制限速度は40~50キロっぽいですが
みんなたぶんそんなに出てません(爆


ロータリーも各所にあってみんな上手にしのぎます・・・





ちょ、隣の白い車の角度、おかしくない?!(汗



そんなこんなでいろんなところに連れて行ってもらいます
お洒落なお店が並ぶマーケット通りにもどんどん入って行ってくれます(汗





一応ゲート手前にパーキングがあって、一般車両はゲート向こうに行けないっぽい
んですが、気にせず毎回ガンガン行っちゃいます・・・いいんかな?
ちなみにゲートは手動で(爆)赤い矢印の先にゲートを上げ下げする紐を持った
おじさんが座ってます(笑)ゲートオープンはたぶんおじさんの気持ち次第です(笑


また買い物編をアップしたいと思いますが、とりあえずは大好きな
ドライブができないストレスをどうやって解消するか?を考えなきゃな~















拍手

PR


前編の続きです←

金曜日にインド人が来なかった理由、それは相方曰く
「彼らは曜日や日時で予定を組まないのではないか、
”〇日後”のように今を起点とした日程しか組めないのではないか」
というものでした・・・マジかっ

果たして土曜日の朝、観光に行こうとした我々の前に彼らが現れました(爆
3日後は確かに土曜日だったけど27日って彼らが言ったからわざわざ確認したのに(倒
かといって観光をやめる気はサラサラなかったので月曜日の午前中に変更してもらい・・・
ドキドキしながら月曜日、早起きして待っていたら・・・


鳴りました!呼び鈴!!(嬉)
予定が叶うとこんなに嬉しいものだとは!!(←インドマジックにかかってる














しばらくするとものすごいギャリギャリ音が・・・
い、石壁を削ってるんですね、きっと・・・



途中、足場になる何か貸して?的なことを言われて椅子を持っていき
(脚立か何か持ってこないのかい!)ゴソゴソ作業すること1時間弱ほど
大家さんのサーバントもやってきてブラインドを楽しそうにバサバサ動かす







「マダムもやってみて!」と満面の笑みで言われたが
仕組みおよび操作の仕方も十分わかっているので苦笑いでごまかす(笑
ジュースを一杯お出しし、「素晴らしい!!ありがとう!」と褒めちぎり
とっとと帰っていただきました・・・なぜなら






現場は一面粉だらけ・・・
彼らが全く掃除する気も道具もないことがわかっていたので
(言えばやってくれると思うが自分でやりたいので^^;)
掃除機で吸いまくり、拭きまくりの一人掃除大会が急遽開催されたのでした・・・はあ










この後、夕食の材料で玉ねぎが足りないことに気が付き、
夕方5時過ぎなら日も暮れて少しは涼しいだろう・・・と歩いて出かけたら
やっぱり死にました・・・インドの暑さは時間帯関係ないね・・・
(いつも買い物に行くマーケットの話も今度書きます!)

















拍手



インドはイタリアに似ている、とよく思う
それを証拠に・・・毎日のようにネタがある
しかしそれを書く心身の余裕がなく(つい眠くなっちゃう^^;)
この週末もインドの誇るデリーの世界遺産も見てきたのだが
その前に日常のことをちょっと書いておこうと思う


今回は早速おきたハプニングのことも兼ねて(汗)インドの家のことについて。





入り口にはちゃんと門番がいて(そして彼はここで寝泊まりしてるっぽい・・・)
夜はセキュリティ上、この門は閉められる模様


そして家の中の感じもイタリアで住んでいた家に似ている(笑





リビング

床は大理石でヒンヤリ・・・
ただマチがつるつるして歩きにくそうなので^^;現在はマットを
いくつか購入して所々に敷いています(そしてトイレになってる・・・)






トイレ

シャワールームが綺麗で広め&防水がしっかりしてる(!)
とのことで相方この家に決めた大きなポイントの場所(笑
海外での水回りは大事だもんね・・・
ちなみにこの国の便器の右側には手を洗うシャワーが必ずあります
(もちろん使ったことはありませんw)
トイレットペーパーのホルダーが信じられない場所にあるのも同じ・・・

そしてこのようなパウダールームがどの家にも3つくらいあります(驚
(我が家のそのうちのひとつに、この国では珍しいと思われる
なかなか大きなバスタブがあるのでいつか使ってみます)



そして今回の舞台?!となるキッチン






家の中で最も暑い場所です・・・
なぜなら






このように朝から太陽の光が容赦なく降り注ぎ
冷房がガンガンに効いた天国の外は、実は40度の地獄だった
という現実を思い出させてくれる場所・・・


実はこの家に決めて間もなく相方が階下に住む大家に「日差しが眩しく暑いから
キッチンにブラインドつけてよ」とお願いしていたらしいのだが、私が来るまで
音沙汰なくそのまま時が過ぎ・・・この度相方が再度フォローしたところ、
先週の水曜日の午前中に突然!!玄関の呼び鈴がけたたましく鳴ったのでした
(この時はじめて呼び鈴の音を知る)

自分はなにも聞いていなかったし、はじめてのことだったので怖くて応答できず
その後も鳴り続ける呼び鈴と「ハロー」の応酬を無視、数十分後にようやく
あきらめたのか静寂が戻り・・・その後相方からの電話でブラインドの業者が
訪問したけど誰もいなかったと文句を言ってきたことが判明
でも約束も予告もなく外人に突然来られても知らんし怖いし

とりあえず訪問する日時を教えて?と彼らと話をつけた相方、結局その日の数時間後に
彼らはまたやってきて、キッチンの窓の寸法や希望のカラーなどを聞いてその日は終了
「また三日後に来る」と言って去っていきました・・・
その際に日付と時間を再度確認、27日の金曜日の午前10時前後ね?!と念押しして
彼らは帰っていったのだが・・・
仕事から帰宅した相方曰く「以前に窓の寸法も図ってたし、ブライドの色も俺が決めて
彼らに伝えとったわ!!」と憤慨・・・その時の情報はどこへ???
そしてインドの方々は三度フォローしてやっと動くというウワサは本当かも
と改めてフォローの大切さを噛みしめたのでした
(イタリアで学んだはずなのに日本に8年もいると忘れるね・・・テヘ)

はたして金曜日、玄関および呼び鈴は待てど暮らせど一向に鳴らず、
「インド人にしてやられた・・・」とつぶやく羽目になったのでした(続く






ただ、こんなこともあろうかと・・・
空輸便の受け取りを同じこの日にお願いしたぜ!
30分遅れてきたけどインド人従業員だったけど
日通さんはちゃんと来たぜ!







拍手





空港に到着して一番の心配はもちろんマチのこと

まず驚くことにインドの空港には検疫所がない
(これは事前に情報があったのだがどこでワンコを受け取るのかが不明

一応成田でのやり取り時に「ワンコとスーツケース3個もあるんで、自分一人じゃ
超不安!インドの空港で絶対サポートがいる、お願い!!」と言っておいたら到着時、
飛行機のドア横に長身イケメンのインド人と荷物を運ぶ少年?が待機してくれていた
・・・でも日本人じゃないのね(当然か


彼らは自信たっぷりに誘導、まずはスーツケースを難なくゲット
次に少々ウロウロしたものの、ターミナルの端っこに連れていき「ここから犬が
出てくるから!」とエレベーター前で待機

しかし待てど暮らせどマチは出てこない・・・
「インドでは動物を丁寧に扱うので時間がかかるんだ」とイケメン君は笑いながら
話すものの・・・本当に出てこず、ついに荷物持ちの少年がしびれを切らし
「俺たちで連れてこようぜ!」的にイケメンを連れてエレベーターに乗っていった

果たして数分後、彼らはにこやかにマチのケージを従えて戻ってきた
ホッとしたのもつかの間、ここからがインドの手強いトコロだった・・・









おそらく税関?
ここで事前に入手していたインドの輸入許可書(NOC)を提出
これで空港を出られる・・・はずがなぜか通してくれない
イケメン&少年も不服そうに係りのオジサンにいろいろ言ってくれるもダメ
何か書類が足りないのか、いろいろ言ってくるけど何が必要なのかわからない
(一応英語で言ってるっぽいのだがインド人の英語はマジでわかりにくい

その係のオジサン、途中でいなくなったり別の男性とやりとりしたり・・・
なんだかわからないけどこの場はイケメンたちに任せるしかない・・・
(ターバン巻いたイケメンその2がさらにサポートしてくれるが誰??)

とりあえず日本の輸出証明書やワクチンの証明書、英文の健康診断書など
持っていた書類を全部渡してみる
すると書類をひとつひとつ「これはなんだ??」と聞いてくる

・・・そもそも書類が何かわからんのにその書類が必要かどうかがわかるんかい??
だって確かめる術がそっちにないなら私が適当に説明すればそれでいいわけで・・・
結局ほぼ全てをコピーして持っていった(汗

結局2時間ほど待機させられ、あげくゲート向こうで待ってる相方の身分証明書まで
提出させられ・・・ようやくゲートを出ることができた
(しかもゲート手前でまた(!)止められたが、さすがに税関?の別の男性が
走ってきて説明&説得してくれた)








疲れたね、マチ・・・ごめんね・・・



到着は17時頃だったのに、すでに夜となったインドの町を
グッタリしながら車窓から眺める・・・
動画しか撮ってなかったのでアップできなかったが(残念)
車の多さと車間の狭さ!そしてクラクションの酷さにまたグッタリ・・・








そんな中、神様のように神々しいこの白い牛は
私の心を捉えて離さなかった・・・


明日も朝からマチを連れてある場所へ移動です(倒












拍手












ウトウトして気が付けば外はパーフェクト・ブルーの世界・・・

高度がかなり上がってるんだろうな・・・









容赦なく出てくる食事(笑
今回は嬉しい限りです!!



途中は音楽聞きながらウトウトしたり、ニュース見たりマンガ読んだり
映画も見たいけど途中で寝ちゃうのが勿体ないのでやめる(笑

マチは大丈夫かな・・・
気遣ってくれるCAさんといろいろ話す



















な、なんかすでに空気の色が違う?!






・・・おおおおお・・・・・








無事到着し、ホッとしたのもつかの間・・・
インドの洗礼を”到着早々”受けることになった我々なのであった・・・




















拍手




あっという間のインド渡航

なんといっても引っ越しが今回三日間もあり(日通さんのシステムが
イタリアの時と変わったのもあるけど我が家の荷物が多いのが最大要因(爆))
終わった翌日にはもうセントレアに移動&マチの検疫・・・

マチと自分がそれぞれのホテルに移動して翌日の早朝には出国の手続きをし
名残惜しむ間もなく住み慣れた愛知をあとにしたのでした(呆然












イタリアの時と違ってややこしいのが出国
前回はセントレアで出国の手続きができたので、乗り継ぎの成田は手荷物はもちろん
連れていく動物たち(前回はウサギ)もスルーチェックインでらくちんだった

今回は国内線の荷物受け取りでマチが入っている大きなケージを一旦受け取り、
わざわざ国際線のチェックインカウンターで再度手続きをすることに・・・
(なんでも国内移動中の貨物室でワンコがケージから脱走、乗り継ぎの際に
貨物室を開けたらワンコが滑走路に走っていった・・(驚)という事件が何度か
続いたため、そういうメンドクサイ事態になったそう(でもそれってケージと
飼い主のチェックの問題じゃ・・・)

さらにJA●の手際の悪さもあって、自分自身の出国手続きの時間も気になる・・・










移動距離もなかなかあったしヒヤヒヤバタバタものでした・・・












さすがのビジネス








おそらくしばらく食べられない牛肉・・・
愛するすき焼き・・・(涙












和菓子ともしばしお別れ・・・


いよいよ日本を離れ、中国そして東南アジアの上空を通過~




























拍手

忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.