忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
[01/23 qsnSIglro]
[08/02 coniglia]
[07/24 おんだ]
[10/23 佐藤]
[11/04 かなぶん]
[10/13 大型G]
[09/29 coniglia]
[09/09 新入り]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2017.04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
prev : 03月
next : 05月
マイペースな管理人が綴るイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





そしてトルコのイスタンブール。
男性がやけに気さくでカメラを向けると照れつつノリノリ。
一方、女性は人目を避けてる気が・・イスラムの影響?







ガラタ橋で魚を釣っていたイスタンブリアン?
最初、魚を撮らせてもらうつもりがいつの間にか・・・
照れつつもポーズ!



ヨーロッパとアジアの狭間、ボスポラス海峡クルーズの
ナイスガイな船員達。


























カメラを向けると嫌な顔一つせずポーズを取るおじさん達。
撮ってくれ!と要求されることもあってビックリ。
(いつも代わりに犠牲になるムスメ(笑))

ちょっと馴れ馴れしいかな?とビビることもあるけれど
彼らはただ子供のように無邪気なだけ。
こちらが拒否すればちゃんと心得てくれる(ションボリするかも
だけど(笑))し、逆に日本人並みにシャイな若者もいる。

みんなお金はそんなに持っていないかもしれないけれど
子供たちやお年寄りに優しい心をいつも持っていて
とってもいい笑顔をたっぷり持ってました。



そうそう、ガラタ橋周辺になななんとイルカが数匹いたんだよ!














拍手

PR




ギリシャ・アテネに一旦戻り、トルコ・イスタンブールへ。
(今回の移動はクレタ島→サントリーニ島以外は全てAEGEAN航空)

ギリシャの島々は絶対夏がよい!!!と思ったが、イスタンブールは
夏じゃなくてもよかったかも・・・電車など車内が汗臭い・・・
そして水が体に合わないのか、ワタシとムスメは体調がイマイチに。

それでも時間が経つと段々好きになってくる、不思議な街。



飛行機が遅れたりなんだりで、結局移動で一日終った初日の夕食。
ラマダン期間がなんとかといって、メニューは限られたものの
トルコ特有の旋舞セマーを見ることができた。







次の日は宿をとったスルタン・アフメット地区を網羅。

まずはギリシャ正教のアヤソフィア博物館。







トプカプ宮殿。
たまたま水曜日で、しかもガイドブックに載ってる時間と
全然違うのに見ることができた(笑)軍楽隊の行進・演奏!












そしてアヤソフィア博物館と間違えた(笑)スルタン・
アフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)。





今でもイスラム教徒の方々が集う神聖な場所で、靴を脱ぎ、女性は
肌を晒してはならない。(入口で青い布を貸してくれる)
祈りを捧げる信者の方々と、座り込んでる西洋人(キリスト教徒?)
の対比がなんだかな~・・・

ちなみに女性の信者は後方の狭く薄暗い専用のスペースで祈りを
捧げるようになっていて、イスラムの男尊女卑っぷりに辟易。



次の日は昨日偵察したグランドバザールで買い物後、
金角湾にかかるガラタ橋と小高い丘の上にあるガラタ塔へ。












ワタシもムスメも体調がよくなく、この日はほどほどに。


なんとなく回復した次の日は念願の?ボスポラス海峡クルーズ。
いよいよアジアの大陸を臨む・・・






この船長とクルーがとってもフレンドリー(セクハラ気味(笑))
で、写真撮られたり船の舵を持たされたり(爆)カタコトの英語で
やたらと話しかけてきたり・・・まあ面白かったけど。










UFO博物館を探してタクスィム広場やイスティクラール通りを
ぶらぶらしたが、どうもクローズしちゃってるらしい。残念。

学生みたいな若者がデモやっててなんだか物々しい雰囲気。


魚介料理が美味しくて、雰囲気が好きで、日中も夜も
何度も通ったガラタ橋。よく見たら事故りたてのクルマが・・・








この日から風が強くて波が高い天気。夏ももう終わりかな・・・

ホテル前の地下宮殿。
ガイドブックではイマイチだったが、実際はすごくよかった!






アジア側にも降り立ちたい!という希望の元、クルーズではなく
連絡船にのって再度ボスポラス海峡へ。






うーん、やっぱりヨーロッパ側は華やかだな・・・
旧い建物の背後に建つ高層ビル群がなんとも・・・







ずっと会いたかったクズ塔。
次は是非トワイライトの時に会いましょう。
(でもちょっと期待はずれ(笑))


イスタンブールで見る最後の夕日。
閉館時間(20時)前の長蛇の列のガラタ塔に滑り込みセーフ。







また来れるかな・・・












拍手

忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.