忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
[01/23 qsnSIglro]
[08/02 coniglia]
[07/24 おんだ]
[10/23 佐藤]
[11/04 かなぶん]
[10/13 大型G]
[09/29 coniglia]
[09/09 新入り]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2017.11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
prev : 10月
next : 12月
マイペースな管理人が綴るイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






以前よりずっと行きたかった”8”に満たされた謎の城、
(世界遺産でもある)Castel del Monteを目指した日曜日。












レポはしばしお待ちを!


しかしこのお城、1チェンテージモ(1ユーロの1/100)コインの
絵柄だったなんて知らなかった・・・











そして往復途中の高速道路から臨む、アドリア海沿岸の天国と地獄。








天国は、リベンジがまだの天使降臨の山上の町
相変わらず美しい。



そして・・・









不気味に増え続ける”ゴミの山”。















拍手

PR






我がアパートメントの1階にあるブティック。
店や店員さんの雰囲気、服のデザインどれも好み。
店の周りの落ち葉をそのままディスプレイに使ってる。




今日11月1日のイタリアの祝日は日本でいうところの「お盆」。
多くのイタリア人はお墓参りをし、いろんな店が閉店中の最中に
お花屋さんだけが開いていて菊の花束がたくさん売られている。

我々日本人家族はそんな彼等を横目に”ひさびさのプチドライブだ~”
と浮かれるも、なんと相方は午前中仕事・・・
昼まで娘とふて寝。天気も悪いし今日は中止か・・と諦めていたら
13時頃から急に薄日が差し始め、相方も帰って来た。



おお!
天は「行け!」といっておる!!



今日はわが町からクルマで高速で1時間30分ほど走った南の
Monte Sant'Angelo(モンテ・サンタンジェロ)という街に行くのだ。

ここは以前から強く願っていた「行きたい場所」だったのだ!!



ここは日本向けのガイドブックにはまず載っていない。
しかーし!!イタリア人の間ではなかなか有名な場所らしい。
なぜならここは「天使が降り立った場所」として有名で
かのローマ法王も訪れるらしいのだ。
そしてフランスにあるMont Saint-Michel(モン・サン・ミシェル)
に繋がるカトリックの巡礼地のひとつでもあるらしい・・・







ステキなイタリア人老夫婦。




いざ出発!!!






高速を久しぶりに「南」へ。
北とは雰囲気が違うな、やっぱり。

なんにもない風景、バカっ速いクルマたち。


途中、以前テレビで見たようなバラックが高速道路脇の荒地に・・・




高速を降りても荒野は続く。







このあたりの山の稜線は、なんて不思議なんだろう。
どうしてあんなにずっと平らで・・・









名物?のサボテンが栽培されたまま放置されているかのように
たくさんたくさん生えていた。
たくさんたくさん・・・誰にも振り向かれずに・・・







出張の時に一度だけ来たという相方のカンとナビを頼りに
ひたすら真っ直ぐ&時々現れる看板に向かって走る。






山道に突入。ナビにはものすごい九十九折の道の表示・・・




まもなく見事なアドリア海が姿を現す。












・・・ああ、スキだここ。
日本の某スカイラインを思い出すよ。







もうすぐ山上かな。


祝日なのに、結構なクルマとすれ違う。
「諸聖人の日」だからこそ、ここに来るイタリア人も多いのかな。








一瞬、空と海の色が混ざり合って
霧のような雲のような・・・そんなベールが被さって
本当に神々しく美しいアドリア海を見た。



・・・ここなら天使も降り立っただろう。
そう思わせる風景だった。













結構なクルマの数・・・




・・・で、霧?雲???








こんな感じになっちゃった・・・

駐車スペースが無くなる前に、どこかに停めて歩くことに。








・・・城は今回諦めるか・・・無念。
(城そのものは廃墟のようらしく、山上の城からの絶景
楽しみにしてきたので・・・でもまた絶対来る!!)




キョロキョロして歩き出す我々を呼び止めるイタリア人のオジサン。
「何処行くの?」とたずねられたので「教会だ。」と答えると
「そっちじゃなくてコッチだよ。この先を右に曲がるんだよ。」と
笑顔で教えてくれた。

こういうところがイタリアのステキなところ。








教会に行くために「クルマはコッチ」「歩きはコッチ」と
教えてくれている看板。



まだほとんど歩いていないけど
寒いしちょっと珈琲を一杯。(ってイタリア人か)





小さいハートが可愛くて思わずパチリ。



少し歩くと教会はあった。
天使の風見鶏?が目印。





・・・しかし霧が・・・










教会の中は残念ながら撮影禁止だったので
参考までにいただいたパンフレット画像を。





ここは”洞窟教会”なのだ。

ワタシたちが訪れた時は丁度ミサが行われていて、この写真より
もっと幻想的でもっと厳かで本当に美しい教会だった。


ちなみにパンフレットには降り立ったといわれている天使の像も。









お土産なども売っていて、色々見て外に出たらすっかり日は落ち
更に幻想的なことになっていた。

















とても夕方5時とは思えない・・・










もっと早い時間は路上でバーベキューのようなものや焼き栗
手作りのケーキ?等も売られていたようだ。
次回はもう少し早く来よう。(今日だけの販売かもだけど)

こんな悪天候の最中でもワタシたちは”外国人”とわかるらしく
道行く人々が見る見る・・・
(中国人どころかアジア人はひとりもいない街なのかも)
若者のグループは「なんとかなんとかジャッポネーゼ!」って
いってくるし・・・でも不思議と悪意は感じられなかった。



そしてワタシはこの街ではじめて目にした(あるいははじめて
感じた)異様な光景を体験した。
この謎も次回は是非!解明したいと思う。




唯一買ったお土産はコレ。
「交通安全」ステッカーと思ったんだけど・・・面白いでしょ?








天気がよい日にまた絶対絶対来るぞ~!!










拍手






週末、トリノから飛んで帰った南イタリア・バーリの空港から
わが町ヴァストに戻る前に、ちょっと寄り道した場所があった。

バーリはヴァストより更に200キロ南に行った先。
イタリアで行きたい場所(しかも北に集中)がたくさんあるため
たぶんもうなかなか来ないだろう場所。


この近くに結構よさ気な”鍾乳洞”があるらしい。

ちょっと遠回りだが、折角なので行くことにした。
(おかげでF1TV観戦は諦めることに)







ただでさえ多いオリーブ畑だが、この辺りは荒れ放題で
オリーブも大木になってる・・・






凸凹の悪路な並木道が続く。
石を積み上げた路肩が目立つ。







トゥルッリと呼ばれる小さな石を積み上げた家の跡。








だんだん細くなる路。高く聳え立つ木々。








小さな町にたどり着く。
南イタリアにはこんな町が点在している。





看板発見!!

つか、この手の”看板群”はよく見かけるし、
いつも疑問なのだが・・・
イタリア人ってホントにクルマの運転しながら
これを判別できているのだろうか???




あっけなくたどり着き、入り口へ。
ちょっとした観光地になっているらしく、イタリア人がたくさん。

・・・チケットを買って数十分待たされる。
小さな鍾乳洞なので、人数制限があるうえに、ガイド付でなければ
入れないらしい。(ガイドはイタリア語か英語)


結構急な階段で降りる。
その先は・・・












すごい。

外は40度近くある真夏日なのに、中はひんやりしていて
長袖を着込むヒトもいた。






さらに少し下る。

足場は濡れていて、凸凹しており、なにより通路が狭い!
お相撲さんは絶対通れない!!(画像撮れず残念・・・)













約3キロの細長い洞窟で、一番奥が「白い洞窟」と呼ばれる
一面真っ白な鍾乳洞。


素晴らしかった。




撮影しようとしたヒトがイタリア人にダメだよといわれていたので
撮影禁止なのかな?とも思ったが、最初の場所はみんな撮ってた
(でも以前出張で相方が訪れた時は撮り放題だったらしい)ので
フラッシュ無しで少しだけ。




コチラのサイトはわかりやすく纏められていると思う。参考までに。





プチ旅行の帰りでヒールを履いていたが、なんとか歩いて帰れた。
でも鍾乳洞の途中に木片の板を渡してある足場があり、
美しい結晶に見とれて気がつかず、思いっきりバランスを崩し
片足をドロ水の中に突っ込んだ上、前を歩いていたイタリア人男性
(結構イケメン)のオシリを思いっきり触ってしまった!!

すぐに謝り、相手も「全然大丈夫」といってくれて、おまけに
手まで差し伸べてくれたものの・・・
その後もずっと後ろのワタシを気にしていた彼。

気にかけてくれていたのだろうか?それとも、
また触られるんじゃないか?と警戒されていたのだろうか??

うーむ。












拍手

忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.