忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
[01/23 qsnSIglro]
[08/02 coniglia]
[07/24 おんだ]
[10/23 佐藤]
[11/04 かなぶん]
[10/13 大型G]
[09/29 coniglia]
[09/09 新入り]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2017.06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
prev : 05月
next : 07月
マイペースな管理人が綴るイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





ある日、メーテル(仮名)が言った。

”どうして日本人は「死」について考えるのか?”


事の発端は、ムラカミハルキの小説について・・・だったと思う。
とある国・民族の人間や生命そのものに関する考え方は、国や民族が
持つ歴史や文化や宗教に源を発するところが大きいだろうと思うし、
それを短い時間で説明するのも理解するのも難しいだろうと思い、つい
ワタシは端的にこう言ってしまった。

”ヒマだから・・・じゃない?”


誤解を生む言い方だったかも・・・と反省しているのだが、つまりワタシは
日本人には「死」について考える心(頭?)の領域があるのだ
いいたかったのだ。そのための土壌と時間もあるのだと。
明日生きるのに必死なヒトは「死とは何か・・」などとあまり考えない
のではないかと思う。死よりも生について考えることが頭の大部分を
占めるからだ。そしてそれは死後のことについてどのように教育されて
いるか(時に宗教)とも関係していると思う。

以前イエメン?の武装集団に拉致された日本人男性が、捕縛されている
最中に彼らに映画「おくりびと」の話をしたら、とても興味深そうに聞いて
いたらしい。



***



そしてある日、従兄弟が話してくれた興味深い話。

世界中の人間を対象に、あるテストをした。
それは言葉を使わず、ジェスチャーのみで自分の意思を他のヒトに
伝える
というもの。

例えば、”ワタシはパスタが食べたい!”と意思表示したい場合、
ほとんどの人間は、まず自分を指差し、パスタを表現し、それを食べる
仕草をする
のだという。つまり世界中の人間が自国の言葉を使わない場合

S(主語)+ O(目的語)+ V(動詞)

の順番での身振り手振りで意思表現するらしい。
そしてこれは世界的に多い欧米語ではなく日本語の文法そのものなのだ。



いずれにしても日本や日本語って本当にスバラシイ。














拍手

PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
PASS
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.