忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
[01/23 qsnSIglro]
[08/02 coniglia]
[07/24 おんだ]
[10/23 佐藤]
[11/04 かなぶん]
[10/13 大型G]
[09/29 coniglia]
[09/09 新入り]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2017.10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev : 09月
next : 11月
マイペースな管理人が綴るイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
29 28 27 26 25 23 22 21 20 19 18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



我が家にやってきたチビザリは当初、
たくさんの仲間と狭いタライの中で
押し合いへし合いしていたためか、
長いヒゲのような触覚のかたっぽと
可愛らしい小ぶりなハサミの一部が
欠損していた。

眺めるたびに痛々しく、早く大きく
元気になるといいなと思っていたの
だが、なんと、それは脱皮後見事に
綺麗に成形されていたのだった。


小さなそのイキモノは、古い皮を”脱ぎながら”
なんと新しい自分の体の一部を作っていって
いたのである。
ザリにとって、脱皮は命がけである。
ワタシが小学生の頃、チビザリの3倍はある
デッカイ真っ赤なザリが、朝、脱皮した皮を
下半身に巻きつけたまま死んでいたのを見た。
その時、脱皮は彼らにとってものすごい
エネルギーを使うものなのだと感じ取った。



その小さな体に未知のエネルギー。
狭い場所に閉じ込めてごめんな。


台風が去ったら、川へ行こうな。





娘と拝見させていただいているサイトさん
佐倉ザリガニ研究所






SHOPで見つけた”酸素を出す石”!
今はイロイロあるんだな・・・
エアポンプ代わりに使用中。



拍手

PR
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.