忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[05/16 ノモ]
[05/08 桂子ママ]
[05/04 conigla]
[05/01 はやしのりこ]
[04/16 conigla]
[04/10 葉っぱ]
[04/10 葉っぱ]
[03/20 NONAME]
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2020.03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev : 02月
next : 04月
2006~2010のイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。2018~は愛する老ワンコとインドに移住中。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






今回の移動を毎度お馴染み?イタリアの地図で見ると、
向かって右下の赤●がわが町Vastoで青○がGenova。

そして次の目的地は青→で示した白ゾーンのあたり、
CinqueTerre~五つの大地と呼ばれる小さな漁村である。









そしてCinqueTerreの村の中では希望の宿が探せず、電車で一駅の
Levantoという閑静な町で宿をとった。
(後述するが、このLevantoの町が素晴らしかった)





***



夕暮れの山道(高速道路)をGenovaからLevantoまで走る。
夕食の時間を気にしながら・・・









高速道路を降りて国道へ。













かなりの山道で、雪が残っている場所も・・・
標高もどんどん高くなってゆく・・・







うっそうと生い茂る木々が迫る山道はガードレールも無い・・・
どんどん暗くなってゆくし、どんどん登ってる気も・・・

海は時々見えるが、一向に降りてゆく気配がなく不安が募る
その時。
















暗い中、突然であっという間だったのでゆっくりカメラを構えられず。
それでもなんだかワクワクしてきたのだった。

その後ホテルが見つからずちょっとウロウロしたが、無事到着。
時間が21時近くだったので、リストランテ探しは諦めてホテルで
夕食をとることに。予約していなかったが快く応じてくれた。







ホテルおススメのコースでプリモとセコンドが選べる。
ロブスターソースのパスタとスカロッピーナにした。









スカロッピーナとは牛肉を薄く延ばしたものを細切れにし、
塩コショウしたあと小麦粉をまぶしてソテーにしたもの。
添えられたフンギ(キノコ)がまたすごく美味で・・・
パスタもソース共にすごく美味しくて全部ペロリ。

食後のソルベット・リモーネ(レモンシャーベット)も最高だった。



この宿はリストランテだけでなく、フロントのサービスも最高で
室内も室内の付属品も、おそらくイタリアで過去最高の宿だった。

おまけに次の日の朝、カーテンを開けてビックリ・・・










庭付き!しかも小さな門から直接外に散歩に行ける・・・
そして眼下にはLevantoの町と駅が一望。(駅まで近い!)

感動しつつ、そういえば今日は朝からマレーシアグランプリでは?
とF1チェックを忘れないヘンな四十路オバハンのワタシ


テレビをつけると・・・







いつもはF1中継を流すRai1がパスクアムード200%・・・
(それで今回Rai2が放送担当だったんだ・・・)

バティカンの厳かなムードに続いて、なぜかお料理タイム。






朝からパスクアのタマゴチョコ作ってるよ・・・
大の大人が三人も揃って大騒ぎ&大真面目に・・・
すんごくしゃべる男性司会者にウンザリしてるシェフが面白かった。

ちなみにRai3は・・・






やっぱりパスクア、しかもアニメ。(笑)


とりあえずスタートだけ見守って、朝食を食べた後に出発!













ホテルから”広い車道もあるけど、歩道を通ったら駅まで5分よ”
と教えてもらったけど・・・ほとんど私用地では?!とビビるくらい
草の生えた土と砂利のせま~~~い道を迷いながら歩く・・・

ホントに着くの??と思った数分後、ようやく駅に到着。







日本にもありそうな小さな田舎の駅。
ここからCinqueTerreの各駅停車の旅が始まるのである。






<復活祭(パスクア)の過ごし方2010~⑤へつづく>















拍手

PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
PASS
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.