忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
[01/23 qsnSIglro]
[08/02 coniglia]
[07/24 おんだ]
[10/23 佐藤]
[11/04 かなぶん]
[10/13 大型G]
[09/29 coniglia]
[09/09 新入り]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2017.10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev : 09月
next : 11月
マイペースな管理人が綴るイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






お腹がいっぱいになったリストランテからクルマで走ること数分。
周りに何も無い一本道を進むと、誇らしげにドン!とそびえる建物。
そこにはブラック×ゴールドの見覚えのあるエンブレムが。










ランボルギーニ・ミュージアム/Museo Automobili Lamborghini
Via Modena 12 40019 Sant'Agata Bolognese
土日・祝祭日は閉館。12:00~14:30は昼休み。

ネットで拾った情報によると無料だったのだが、
実際は大人一人10ユーロ払った。



エントランスにはどーんとガヤルドが鎮座。









一階は往年のスーパーカーたちがズラリ。



まずはウラッコ。
カッコイイっすねえ・・・











そしてやっぱり自分にとってのスーパーカーはコレ!





自分身長150ちょいなんですが、この低さはどうよ・・・














奥にこっそり?ある小部屋には、こんな展示物が。











それから忘れちゃならぬ、ミウラ。
いい顔してます・・・。






初代のこの顔(まつ毛バシバシ)がワタシは一番スキ。









螺旋階段で二階へあがる。
二階は新しい世代のランボルギーニたち。


一階にいたミウラが近代にこのようなカタチで復活している。









泣き顔?になったみたい。(笑)




・・・と。
なにやらガヤガヤとヒトの声が・・・日本語?!








わわわ・・・若い男子ばっかりの団体客・・・ツアーか?!

ここから時々日本の博物館のような光景になりますがご了承を。(爆)












25周年記念カウンタック。
初代よりちょっと上品になった感じ?







そして一番奥には昨年のモーターショーでタメ息をつく美しさだった
レヴェントン。この造形美を見よ!!!















対面にはGTカー等が並んでいる。









このオレンジ号は世界に二台あり、あと一台はなんと日本にあるそう。















階段そばにはコンセプトカーがズラリ。
どれも個性的で魅力的。























ここでフェラーリに続いてクイズ。
どのランボルギーニ社のハンドル周りでしょう~。























・・・難しいかな?
しかしハンドルの向きがバラバラ&反対向いてたりして笑える。




二階のホールの壁に掲げられていたポスターが、それぞれ
とっても素敵だったので思わずパチリ。













ミュージアムとダイレクトに続く社屋の下には土産屋も。
こちらの入り口にもランボルギーニ車が。






規模は大きくないけれど、ワクワクしっぱなしのミュージアムだった。
ハネウマもいいけど闘牛もカッコイイね!!!















拍手

PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
PASS
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
「無題」
凄いですね!
日本人団体客ってのが凄いなぁ〜
ドイツ人やアメリカ人はよくやってますが、日本人はモナコGPの時期くらいと思ってました。

FではF50を外してしまったので、今回は激難しいですが頑張ります。
Uracco
Coutach
ConceptS
Diabro
最後がわからぬ。。。Shiletteでどうだ!!

Lamboは予約さえすればFactoryTour可能(有料)です。
FerrariやMaseratiなんかより全然楽しいので、機会があれば是非一度!
ほかにFeruccioの息子、Tonino LamborghiniがつくったMuseo(予約制)がこれまた濃〜〜くてマニアックなので、こちらも次回機会があれば是非一度!

私は前にFactoryTourしたとき、たまたまイベントだったのですが・・・
なんとGandini(Coutach, DiabroなどほとんどのLamboは彼のデザイン), Stanzani(Lambo創成期からの超有名なエンジニア)やBalboni(Lambo創成期からの伝説的テストドライバー)ほかと一緒にわずが15人くらいでのツアーだったのだ!!(←これは小さな自慢、自己満足なのだ!!)
marque URL 2008/12/01(Mon)07:23:15 COMMENT編集
「Re:無題」
はい・・・日本語に過剰に反応してしまいました。(爆
回答は最後以外は当たってます!^^最後は25周年記念
カウンタックだったと思います♪Shilette???

工場見学のことも知っていたのですが、なんだかすごい
見学料だった気が・・・^^;;(一人あたり万単位?)
羨ましいです!またお話聞かせてくださいね。^^
そうそう、このツアーの方々は行ったかもしれませんね・・・
ガイドがオバサマじゃなくオジサマだったらドサクサで
一緒に行ったのにな~(笑
2008/12/02 09:54
「笑・・・」
リアが、
『目ぱっちり』
『おちょぼぐち』
のがアル。

ランボルギーニは
綺麗だから好き。

asahi_nabe 2008/12/01(Mon)12:56:39 COMMENT編集
「Re:笑・・・」
!!ホントだ~(笑
よーく見ると面白いですよね♪

エンジンのすごさはハネウマに負けますけど
カッコよさは負けてませんよネ!^^
2008/12/02 09:56
「次回は…」
蛇のムゼオにGOだ!(鼻息)
かまかま 2008/12/01(Mon)20:03:31 COMMENT編集
「Re:次回は…」
北イタリアなんだよなあ・・・(涙

南にも作って~~~っ!!(号泣
2008/12/02 09:58
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.