忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
[01/23 qsnSIglro]
[08/02 coniglia]
[07/24 おんだ]
[10/23 佐藤]
[11/04 かなぶん]
[10/13 大型G]
[09/29 coniglia]
[09/09 新入り]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2017.10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev : 09月
next : 11月
マイペースな管理人が綴るイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ワタシたち日本人が「アタリマエ」と思っているものの中に
「教育が受けられること」があると思う。
その教育が受けられる場所である学校について、ちょっと
考えさせられることがあった。


今回のローマ補習校で父母会なるものがあった。
いわゆる懇談会みたいなものだ。
(ちなみに補習校とは、平日はイタリアの現地校やインターナショナル
 スクールに通ってる日系の子供が、日本語を中心に日本の教育を
 受ける機会として設けられた学校で、日本人学校のように日本の
 法人とは違うシステム。よって授業は有料である。)

小会議場のような場所に集まり、予算や行事について説明と質疑応答
が行われた。
しかし・・・

開始時刻が予定の30分後。
進行係がレジメをよく読んでないので、話が噛み合わない。
進行もバラバラ。
終いにはママ同士が感情的になり、ヒートアップ。

・・・と。ツッコミどころ満載。(爆
この前イタリアの学校で経験した懇談会(コチラ参照)と同じ?
でも、ここにいるの、日本人だよね・・・^^;

あな、おそろしや、イタリア共和国の影響力。(苦笑い



そして、ここローマ補習校の校長が、先日フィレンツェの新しい
補習校(できてまだ2、3年目らしい)に見学に行ったが、
全日制の日本人学校とうまく連携が取れていないのか、ローマより
生徒数が多いのにもかかわらず、教室を使わせてもらえなかったり
(よって廊下で授業をしているらしい)職員室もなく、職員同士や
保護者との連携もうまくいってない模様だとか。
教育システムがきちんとしていないうえに高い授業料を払っても
まともな教育が受けられる保障はないという現状に驚いた。
日本法人でないというだけで、日本人学校も冷たいものだ・・・

遠方地であっても、外国人であっても。
日本語を学びたいと思う子供に、教育は平等に与えられるべきもの
だと思うし、それは日本であっても海外であっても同じなはずだ。

















拍手

PR
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.