忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
[01/23 qsnSIglro]
[08/02 coniglia]
[07/24 おんだ]
[10/23 佐藤]
[11/04 かなぶん]
[10/13 大型G]
[09/29 coniglia]
[09/09 新入り]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2017.10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev : 09月
next : 11月
マイペースな管理人が綴るイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





チェコからポーランドへ移動・入国&オシフィエンチム
見学などで、予想以上に時間がかかり(コチラ参照)
結局ポーランドで二つ目の目的地・古都クラクフを
観光したのは初日の夜と2日目の午後にバタバタと・・・



***ポーランド・クラクフ(4/30夜・5/1夕方~)***













町の中心にある広場は中世から現存しているものとしては
ヨーロッパ最大らしい。






広場の一角には絵画や花を売る露店の他に、アクセサリーや
オモチャなどを売る土産物屋がズラリと並ぶ。

この広場は(冬に行った)モロッコのマラケシュみたい・・・
ロシアっぽさもちょっと入ってるかも?とは相方の弁。



***








朝から出かけたオシフィエンチム(アウシュビッツ)で昼食まで
済ませ、高速を飛ばして帰還。再度クラクフの町を散策することに。
結構大きな遊園地があるなあ・・・


ホテルはすでに朝チェックアウトしていたので、クルマを郊外の
路上に停め、テクテク歩いて目的地のヴァヴェル城へ。










夜はこんな感じにライトアップされる。
意外とヒトがいないな・・・



城の入口は狭いけどなだらかなスロープ。















城に近づいた時になんだかヒトが多くて音楽も鳴ってて??だった
のだが、どうもこの週末は城のお祭り?露店や遊具がいっぱい。

すでに17時近くで、みどころらしい?城の中の「大聖堂」が
閉まってしまう!とのことで、先に急いで城の中を散策することに。






城内はとても広く、美しかった。
でもヒトが多くて全くゆっくり観られず・・・
(結局「大聖堂」はただ”入っただけ”状態。出るのも必死・・・)


その後、ムスメが行きたいといっていた「竜の洞窟」へ。






洞窟自体は城下にあるのだが、高台にある城から長く暗い
螺旋階段を降りて、洞窟まで行くことができる。

螺旋階段の入口もたくさんのヒトの列・・・








ここが出口。
洞窟はなかなかステキでホントに竜が住んでいそうだった。


そして出口そばにはこんな竜の像が・・・






なんと時々口から火を噴く。ゴーーーッ。
(『地球の歩き方』の写真とはエライ違ってたくさんの人・・・)



その後、ゆっくり屋台を眺めて町に戻ったら雨・・・





小さいけど綺麗でなんとなく落ち着く。
”古都”と呼ばれるのに相応しい町だった。






<2010年春の中欧~ポーランド・クラクフのごはん+α編へつづく>














拍手

PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
PASS
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
「無題」
おひさ~
シンガポールにいたキンキンです。
クラクフ、重いですね~。先月「カティンの森」という映画を見たのですが、ポーランドはいつの時代も翻弄された国家です。
カナダにいた時に会ったポーランドからの移民の人たちは、本当に苦労していました。
そう思うと、本当に日本は恵まれています。
きんきん 2010/05/13(Thu)00:26:05 COMMENT編集
「およっ」
きんきんさん・・・歳バレますやん。(笑
コメありがとうございます!^^
クラクフ、行かれたことがあるんですか?!
ポーランドの人々は平和な今の世の中でも
過去の暗闇を背負っている・・・そんな
オーラを感じました。
そしてカナダにも移住している方々が
いるのですね。
カナダって移民が多いと聞きますが・・・
行ってみたいな。
大学の頃には話せなかったこと、今は
色々話せそうで再会が
楽しみですな♪^0^
coniglia URL 2010/05/13(Thu)22:49:07 COMMENT編集
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.