忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[05/16 ノモ]
[05/08 桂子ママ]
[05/04 conigla]
[05/01 はやしのりこ]
[04/16 conigla]
[04/10 葉っぱ]
[04/10 葉っぱ]
[03/20 NONAME]
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2018.05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev : 04月
next : 06月
2006~2010のイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。2018~は愛する老ワンコとインドに移住中。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG






参考:元弁護士な方のブログ





事件当時から、ずっと見てきた。

殺されたお子さんの年齢と名前がわが子と同じということもあり
本当に胸が痛む事件。

あれから8年が経ったのに、未だ誰も救われてはいない。





これは日本の裁判、そして日本人そのものの真価も
問われている事件だと思う。



個人的意見としては「罪には対等の罰をもって償え」と思う。


ナイフの鋭さや切れ味は使ってみなければ理解できない。
そしてそれがどれだけ危険なものであるかということは
自らが痛みを負って本当にわかるものだ。

痛みを知らないまま「加害者に優しい」法律で守られ
多くの優しい国民の税金でご飯を食べさせてもらってる犯罪者が
日本という国にいったいどれだけいるのだろう。


日本で殺人事件を起こした外国人が自国に逃げ帰る事件もあった。




もうそろそろ憤って立ち上がってもいいんじゃないか。
ひとりひとりの力は小さくても
その小さな力こそが国を変えることができるのだ。











拍手

PR
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.