忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
[01/23 qsnSIglro]
[08/02 coniglia]
[07/24 おんだ]
[10/23 佐藤]
[11/04 かなぶん]
[10/13 大型G]
[09/29 coniglia]
[09/09 新入り]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2017.08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev : 07月
next : 09月
マイペースな管理人が綴るイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






入って間もない場所に3Dのアニメーションが
無料で楽しめる部屋があり、列に並んで待つこと数分・・・





3Dに関しては正直アバターより飛び出て面白かった。(爆)
意外とオススメ♪



水族館そのものは、ヨーロッパにあまりないせいか?
とにかくすごいヒトの数で水槽が見えない状態・・・











こんな時は自分はイタリア人なんだ~という自己暗示をかけて
飛び込むべし!彼らと同じ料金払って来ているんだから見ないと!!







すごく楽しそうに遊ぶイルカ二頭。オットセイやトドなどもいたが、
動物愛護のためなのか、ショー的なものは一切ナシ
客はただただ彼等をいろんな角度から観察するのみ。



人魚のモデル、マナティー。











ピラニア。









大人気のペンギンたち。
大きな水槽もあって、目にも留まらぬスピードで泳ぎまくってた。




順路を進むと別館に繋がる通路を通り、大航海時代の資料や
海の生き物たち、亜熱帯の生き物たちのコーナーへ。











このエイ?の水槽が大興奮。ずっと見ていても飽きず・・・
エイの色や模様、動きがタマラン魅力的・・・(触れないけど)


と、ここで思わぬハプニング

ワタシがあまりにもエイに見とれ過ぎて相方とムスメから離れたので、
慌てて追いつくと、なにやら相方が激怒&ションボリなムスメ。

どうしたのか聞くと、相方の大事にしていた傘をムスメがとある
どうしても取れない場所に落としてしまったらしい・・・






ナゼこんなところに??

しかも柄の部分が下状態・・・こりゃ手も足も出ないな(汗)


相方はムスメに「北欧でわざわざ買った大事な傘を・・・」と
ブツブツ言い続け、ついにはムスメも泣き出す始末。
慰めつつ、係員がどこかにいないか目を光らせるワタシ。







あーもーイタリアの施設に係員なんておらんわな~と諦めかけていた
その時!順路の先にエスカレーターがあり、そこに女性の係員発見★

ワタシは相方とムスメを呼び、ムスメに「イタリア語で話せるでしょ?
ちゃんと自分がやった後始末しなさい」と促すも、テンパっちゃってる
のか、言葉が出てこないムスメ・・・
仕方ないのでワタシと相方で事情説明、現場の写真を撮って別の係員の
指示を出口付近の受付で待つことに。

「もう諦めてたよ・・・」と呟く相方に「終ったことをブツクサ言わず、
今後どうするかを考えなよ?ワタシがいてよかったよね?」と偉そうに
アピールするワタシにムスメもホッとしてまとわりつく。


足早に出口に向かいつつ、ハチドリ館?にも寄り道。(別料金)










終盤のクラゲコーナーへ。







赤ちゃんクラゲが・・・たまらん・・・



売店を覗いて出口の受付で傘の件を伝えると、一時間後に建物の
外側にあるセンタールームでまた聞いてくれとのこと。
でたよ、イタリア名物たらい回し

とりあえず二時間近くは水族館を離れることができなくなったので
敷地内でランチをとることに。
ただ、ドタバタの中で時計を見ることをすっかり忘れ、気がつけば
イタリア人のランチタイムの真っ最中・・・
水族館の中の飲食店の混雑具合を目の当たりにし、この中で
彼らと闘わねばならない
と考えると一気にブルー。
さすがのワタシもこの時ばかりは「アンタが傘を落とさなければ
ココで闘わずに済んだのにぃぃぃ」とムスメに怒鳴るくらいブルー。

運よく空いた席をゲットし、交代でセルフの食事を購入。
バタバタしていたので写真は無いが、ワタシと相方は海産物のパスタ
トマトソース味でムスメはクリームソースのペンネ。
セルフの簡易レストランにしてはなかなか美味しかった。








水族館の前にはリグーリアの名産物?やフルーツ盛り合わせ、
布製品などのテントがたくさん並び、小さな縁日状態。

その後センタールームに行ったら、無事に傘が届けられていて
よかったよかった。







<復活祭(パスクア)の過ごし方2010~
③Genova(ジェノヴァ)街中編へつづく>














拍手

PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
PASS
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
「無題」
傘がもどってよかったv

エイの裏側の顔?が好きです。
Kelly 2010/04/08(Thu)08:12:24 COMMENT編集
「そうかぁ、」
>さすがのワタシもこの時ばかりは「アンタが傘を落とさなければ
ココで闘わずに済んだのにぃぃぃ」とムスメに怒鳴るくらいブルー。

・・・言葉に出ちゃったのね。よっぽどだったのでしょう?
大事な傘が戻ってきて良かったね。

asahi_nabe 2010/04/08(Thu)08:14:24 COMMENT編集
「おお」
Kellyさん、そうそう、そうですね!
エイの裏側もたまらんですね~(笑

傘、そんなに大事なものなら子供に
持たせるな!って言いたいワタシ。(爆

asahi兄さん、そうなのよ~!!ただでさえ
イタリアにはストレス溜まるのに、大事な
食事に関してまでストレス溜めたくない
のよ~(伊在住の日本人ならわかるハズ!)

傘、そんなに大事なものなら使わず
飾っとけ!っていいたいワタシ。(爆
coniglia URL 2010/04/09(Fri)07:05:49 COMMENT編集
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.