忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[05/16 ノモ]
[05/08 桂子ママ]
[05/04 conigla]
[05/01 はやしのりこ]
[04/16 conigla]
[04/10 葉っぱ]
[04/10 葉っぱ]
[03/20 NONAME]
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2018.07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev : 06月
next : 08月
2006~2010のイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。2018~は愛する老ワンコとインドに移住中。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10





最近(というか元々?)まるっきりの夜行性で
夜明け頃に寝る、という吸血鬼のような生活。


でも夜明けの頃に、ぼんやりと海や空を眺めるのは気持ちがよい。
視覚もだけど・・なんといっても聴覚と嗅覚がとても敏感になる。








スカイライン・・・というか、シーライン?の言葉にならない色と姿・・・





そして午後からやっぱり夏らしくない空と気候。








もうイタリアの夏は終っちゃったのかなあ・・・


今年の夏のバカンス、はじめて南下するから(今までは
ドイツ・オランダ(+ベルギー他)・北欧と全て北上してた)
ドキドキはしているんだけど・・・












拍手

PR
 

トモシビ/moumoon





***




夜中の2時、突然どーーーーーーーしてもスシ飯が
食べたくなって(爆)「すし太郎」で作った即席ちらし。
(コンビニなんかもちろん無いから作るしかない・・・)






どうしようもなく日本人の血が流れている
ワタシとあの月に乾杯!













拍手






朝から夏らしい日差しの幕開けだった。
うーん、さすが8月。






(↑ムスメ撮影)




昨日は小さな友達の誕生日。我が家で祝うことに。

大きなホールケーキを買って、数日前スーパーで見つけていた
パーティ用花火を使うぞ~とウキウキ。






(↑パッケージ捨てちゃったのでイラストで・・・)







ケーキに立てて盛り上がる?この線香花火みたいなやつ。
メイド・イン・チャイナ。
イタリアのメーカーだけど商品名”KIMONO”。







・・・しかし、このどう見ても線香花火(しかも中国製)を、
まだ幼いガールフレンドの大事なケーキに差すのをためらう・・・
(相方のケーキだったら面白がって差しまくっただろう(笑))



ということで・・・













普通に線香花火で楽しみました。(笑)
結構しっかり花火ってました。(笑)
ケムリもモクモク出ました。(爆)よかった~差さなくて・・・

線香花火として普通に遊べるので、また買おうかな。



ちなみに「ケーキ」「花火」でググってたら面白いサイト発見。
こういうノリ、大好きです。(笑)













拍手











昨夜~今朝にかけてまたまた激しい雷雨。

イタリアにきてすぐの頃は連日イタっパレが続き(2007年~
2008年の夏の過去記事参照★)傘なんか使ったことないし
水不足でよく泣かされたのに・・・

今年は7月の終わりとは思えない不安定な天気と低い気温。








ちょっと買い物に出かけるためにわが町を脱出すると
晴れたり曇ったりの高速上空。

しかし気温はこの通り・・・








ノースリーブのワンピにカーディガンを羽織らないと寒い・・・

マックスマーラのアウトレットに寄ると、もう秋冬のジャケットや
コートが並んでいて、思わず買いそうになったけど(笑)結局
友達へのお土産数点とサングラス、そして目に留まったバッグを購入。
















イタリアでの7月が終わるなあ。













拍手




昨今の日本で酷いニュースが続く。

約30年前に死んだ老人がそのまま家族が住む家の中で
放置されていたり、町のど真ん中のアパートで餓死した
幼い子供がやはり放置されていたり・・・



このブログでもよく記事に書くアニメ(好きなんです!)
「攻殻機動隊」の最新作(といっても約四年前)を思い出す。









この作品の原作は確か1990年頃、まだパソコンが普及する前
(携帯も無かった)の時代に、ここまで未来を予測していた
設定と内容に驚嘆した。

そしてこの最新作では、まさに現代そして近い将来の問題である、
老人介護と孤独死、子供の減少化・虐待、更には移民問題と
人類に介在するネットの影響についても触れており、考えさせる
内容となっている。










�殻��� S.A.C. SSS OP
Caricato da maekun. - Guarda gli ultimi video.





「この国はいい加減、誰かが何とかしないといけない状態にきている。
600万人を超える貴腐老人問題、失業率の増加と反比例するように
減少を続ける労働人口、そして少子化・・あげはじめたらキリがない。

知っているか?
これだけ少子化が叫ばれる中、年間5万人もの6歳以下の子供が
無意味に命を落としている事を。
その内の3割はドメスティックな暴力による虐待死。
その内の8割は児童相談所や警察、関係機関が事態を把握していた
にもかかわらず、防ぐことができなかったものだ。
この国のシステムは既に崩壊し、個のポテンシャルは著しく低下して
しまっている。」










拍手




時間があれば本を読んでいるムスメとワタシ。
まだ読んでいない村上春樹の本をアマゾンで注文した。
ムスメは「海辺のカフカ」、ワタシは二冊のエッセイ
「遠い太鼓」と「雨天炎天」だ。

村上氏がまさにワタシと同じ年代(37~40歳)をここイタリア
そして今度行く予定のギリシャで過ごしていたこと、そして
その時の作品がワタシの苦手?な二作品(「ノルウェイの森」と
「ダンス・ダンス・ダンス」)であるというのにビックリ。




 



そしてこの本が書かれたのが20年ちょっと前・・・
でも読んでて全く今の状況と変わらないことに唖然・・・

イタリアは20年経っても同じ。おそらくその前も。
たぶんこれからも変わらないんだろうなあ。

それに比べると日本の変化の激しいことよ・・・








イタリアにいると日々エキサイティングだし(爆)
そのくせモノもやることも少ないから、時間と脳内に
余裕ができちゃって、日々考えたり感じたりできるけど・・・

日本はどうなんだろう?
日々単調で、モノが溢れすぎて、忙しすぎないだろうか?

日々、何かについて「考えて」いる?
好きなヒトやモノのこと、
あるいは苦手な分野について。
ただ見ているだけ、撫でているだけでなく、
自分の時間とアタマと心を「動かして」いるだろうか?


やはりヒトの心に残るのは、”そのヒトの思いや
考えから「滲み出た」言葉”なのだなあと思う。
垂れ流しの膨大な情報や、すぐに流され、消えるような
手軽な写メールのような文は何も残らない。

写真満載のガイドブックよりも、いろんなヒトが旅した時の
エッセイやブログを読んだほうが面白く、ワクワクするのは
きっとそういうことなんだろうと思う。












拍手

忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.