忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
[01/23 qsnSIglro]
[08/02 coniglia]
[07/24 おんだ]
[10/23 佐藤]
[11/04 かなぶん]
[10/13 大型G]
[09/29 coniglia]
[09/09 新入り]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2017.08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev : 07月
next : 09月
マイペースな管理人が綴るイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





ミャンマー(旧称ビルマ)で日本人ジャーナリストが撃たれた事件は
ここイタリアでもトップニュースで流れている。
いつも見ているお昼のニュースでもこの映像が何度も流れていた)


記事①  



ざざっと検索しても、これだけ出てきた。



日本のニュースではさすがにトップ扱いだし、この画像を見る限り
日本人はさぞ怒りまくってミャンマーの人々とともに抗議デモでも
おっぱじめるだろうと思ったら。

日本人各々が書いてるこの事件に関する内容を読むとがっかりする。
なぜそんなに「他人事」なんだろう・・・



海外で殺される邦人に対して、日本人は冷たい気がする。
「なんでそんな危険なとこ、わざわざいっちゃうの」的な。
それも一理あるかもしれないけれど、もっと大事なこと、
非難すべきところは別にあるんじゃないの?といつも思う。


そんなだから舐められるんだよ・・・日本人は。











拍手

PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
PASS
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
「「真実」を求めて」
ぼくも激しく同感です。彼は「真実」を世界に伝えるためにミャンマーに行きました。結果、生命を落としてしまいました。これは残念なことですが、ぼくは、彼の決断と信念は決して間違えではなかったと信じています。

逆に、情けないのが、日本のジャーナリズム。場所は違いますが、日本のマスコミはサマワに記者を送りませんでした。「危険だから」だそうです。以前、ウチの大学で朝日新聞の海外部デスクが来て、講義をしてくれたのですが、それに対して、ぼくは「ジャーナリストとしての責任感や自尊心はないの?」とボロクソに批判しました。

ジャーナリストには、生命をかけてでも伝えたいものがあるはず。長井健司…最期まで「真実」を追求したジャーナリストを忘れてはいけないと思います。
Kazoo 2007/09/29(Sat)00:03:22 COMMENT編集
「無題」
以前日本人大学生の男の子がタリバンに捕まって
殺された事件がありました。
その時に日本人の大半やマスコミは男の子の事を
非難する意見が大半だったと記憶にあります。
(間違ってたらゴメンナサイ)
しかしそれに対してあるヒトが「この男の子が
当時の小泉総理大臣に向けたメッセージで
「助けてください」ではなく「(迷惑をかけて)
申し訳ありません」といった言葉を発していた
ことを取り上げ、この男の子は死を覚悟でこの
場所に来ていたことを裏付けている、だから
日本がこの男の子を非難するのはオカシイという
ようなことを書かれているのを読み、かなり驚き
反省したのを覚えています。
(実際この男の子が殺されたことによって一石を
投じられた国もあったようです)

長井さんが凶弾に倒れつつもカメラを構え
手を天に向けて仰いだ姿が忘れられません。
上手くコメントできず、すみません。
coniglia URL 2007/09/29(Sat)00:45:49 COMMENT編集
「日本人って・・・」
日本人ってどうしてこういう所変に厳しいんですかね?人間味がないというか。

なんか、変なところ沢山ありますよね日本。
だって、街で襲われても日本人は誰も助けてくれない気がするもの。
外国だと絶対に誰かが助けてくれるとは思うけど。

赤ちゃんの事でも、赤ちゃんが泣いて文句とか言う人の気持ちがわかんない。それが赤ちゃんの仕事で、オメーもそうだったのにね。

なんか、変に日本人にだけ厳しくって外人には弱いんですよねぇ。
gellius 2007/09/29(Sat)03:24:08 COMMENT編集
「倒れても」
戦前の教科書に○○上等兵は死んでもラッパを離しませんでしたって記述があったそうですがこの長井さんの倒れてもカメラを離しませんでした・・って壮絶ですね。

外国にいても日本人は本当は日本政府から保護を受けられる筈なんですが・・はっきり言って期待していません。沿岸戦争の時だって残された日本人を脱出させてくれたのは勿論自衛隊でなく他の国の軍用機だったんですから。
ミャンマーに民主化が訪れますように。
pallina 2007/09/29(Sat)08:31:53 COMMENT編集
「無題」
昨日、沖縄では教科書からの旧日本軍の強制による集団自決の削除に抗議して約11万人の集会が開かれました。
身震いしました。
いそら 2007/09/30(Sun)06:16:08 COMMENT編集
「もっと」
ノドもと過ぎればなんとやら・・・にしたくない
出来事です。

ミャンマーの暴動はいよいよ沈静化されつつある
ようですね・・・
民衆も諦めの色が濃いとか。残念です。

長井さんのカメラも戻ってこないみたいですが
本当に腹立たしい。
武力に屈しることは、絶対あってはならないし
許されないことだと思います!!
coniglia URL 2007/09/30(Sun)23:04:07 COMMENT編集
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.