忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
[01/23 qsnSIglro]
[08/02 coniglia]
[07/24 おんだ]
[10/23 佐藤]
[11/04 かなぶん]
[10/13 大型G]
[09/29 coniglia]
[09/09 新入り]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2017.10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev : 09月
next : 11月
マイペースな管理人が綴るイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





今日も近くのリストランテへ夕食を食べに行った。
ご夫婦2人で経営されているようで、ダンナさんが料理されて
奥さんが給仕をしている。


・・・しかし今夜も客は私たち家族だけ。
大丈夫なのか?この店・・・
(店の雰囲気も料理の味も悪くないし、なによりオーナーのご夫婦が
とっても感じがいいので絶対潰れてほしくないんだけど・・・)



アンティパストに海鮮盛り合わせ、プリモにパスタ、そしてセコンドに
魚(今夜は鱸)のグリルとずっと食べたかったブロデット!!

ブロデットとは、アドリア海沿岸の魚のスープで、特に魚介類が
豊富なここヴァストの町では有名な料理。
メニューにも”Brodetto di Vasto(ヴァストのブロデット)”と
書いてあるほど。

Rosso(ロッソ/赤)とBianco(ビアンコ/白)のスープがあり、
ここはロッソ。












一緒に運ばれてきたカリっと焼いたパンを
ブロデットのスープに浸して食べる。
魚介の旨味とトマトスープの味がたまらなく美味しい。



南イタリアで魚料理を注文すると、料理人が自ら調理する前の
生の魚をテーブルに見せにくる。
”どうだ、新鮮だろ?”という感じで。
(どう見ても”え?新鮮か?コレ・・”という魚が
運ばれてくる店もあるとか・・・)

この店の魚は前回も今回も新鮮でデカイ。


そして食事が落ち着いてくると、料理人がわざわざテーブルに
挨拶にやってくる。料理が美味しかった場合、客はここで惜しみなく
料理と料理人の腕を褒める。

こういうイタリアの店と客のコミュニケーションは素敵だなあと
いつも思う。




今夜もお腹イッパイ食べた・・・


食後に相方と娘はジェラート。ワタシはカッフェを注文。
(食後のデザートとコーヒーは食後に注文するのが普通)








!!

頼んでもいないのにチョコケーキ(しかもオーナー夫人の
お手製!!)がカッフェについてきた・・・

このケーキ、チョコの含有率が多くて美味しいし。


それだけでも感動していたのに、なななんと、今度は
こんなデザートのサービス。






チョコとナッツのムースと
パンナコッタのアナナス(パイナップル)ソース添え。


どっちもお手製でウマーーーーー!!!!!
特にアナナスのソースは摩り下ろしたばっかりのようで
むちゃむちゃ美味しかったんですが。




そして最後の極めつけは”Il Conto(イル コント/お勘定)”。
細かいお金が無かったので、相方が少し多めに支払うと
店側も細かいのがないからと、10ユーロもまけてくれた。



来店2回目でいきなりデザート+10ユーロのサービス。

日本じゃ絶対無い
つかイタリアでも滅多に無いか?



しかも帰り際、ベリー系のケーキのケースを見つけたワタシ。
興味シンシンで「これは何のケーキ?」と聞くと、
オーナーはニコっと笑ってすばやく一切れ切りとり
「食べてごらん。ジャムのタルトだよ。」といって
ワタシに差し出した。

サクサクした生地と甘くないさっぱりしたベリーのジャム。
美味しいです!というと、オーナーが嬉しそうに
「妻の手作りなんです」といった。


素敵過ぎ、この店。料理もヒトも。


このお店が流行るように、自分ができることはやろう!!と
心に固く誓ったのだった。











拍手

PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
PASS
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
「美味しそ~」
うちも偶然今日は海辺の街でお魚ご飯の外食でしたけど・・正直言ってこちらの方が美味しそう。

是非皆さんに口コミでここ広めてあげてください。
pallina 2007/09/28(Fri)08:51:45 COMMENT編集
「素敵すぎなお店だね♪♪」
美味しいお料理
素敵な心配り
そのうえお勘定でまけてくれるなんて
なんて!
素敵すぎなんでしょう~!
いいお店を見つけたね^^

・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...
そんなお店
日本にはないかもしれない・・・。
kanaさん URL 2007/09/28(Fri)14:32:40 COMMENT編集
「いいね~・・・☆」
きっと毎回、姉さん一家が美味しく食べて
喜んでいるのが伝わってるんでしょうね♪

「喜ばせ、喜ぶことが人生で一番大事」って。
その場のノリが楽しかったら
損得勘定は二の次なのかもね。

本当の意味での「おもてなしの心」。
裏表ナシ、心からのサービスは
もう日本には無いかもしれませんね。

いいね、イタリア!
紺之介 URL 2007/09/28(Fri)18:53:45 COMMENT編集
「無題」
>pallinaさん
もう頑張って宣伝しちゃいますよ!
イタリアの宣伝カー(←普通によく走ってますよね?)
借りようかしら。(爆
こちらに遊びにきてくださった際には、是非
お連れします♪^^

>kanaちゃん
見たことない看板をある日見つけてね(ここでは
店の入れ替わりが激しいのだ・・・^^;;)
偶然見つけたお店です。
イタリア人は昔から有名なお店に通う傾向がある
みたいなので、なかなか難しいかもだけど、是非
繁盛して欲しいです!

>紺君
「おもてなしの心」・・・カガミ屋を思い浮かべたのはワタシ
だけじゃないハズ!(爆

イタリア、いいよ~。
良くも悪くも人格まで変わりそう。(笑
慣れるまではタイヘンかもだけど、慣れれば天国
かもしれないな~この国は。^^
coniglia URL 2007/09/29(Sat)00:19:19 COMMENT編集
「魚介のスープ」
こんばんわんわん。コニリアさん。恩田です。
魚介のスープとパンの組み合わせ、まじ美味しそうです。あぁー近いうちに作りたいー。そんでパンにつけまくって食べたいです。此れでもかってくらいにパンにソースを染み込ませてやりたいです。さっきラーメン食べたのだけど、ココ来たら
またお腹すいてきましたよ。以上
恩田 2007/09/30(Sun)01:15:34 COMMENT編集
「ひたひた」
>恩田様
どうぞ浸して浸してひたしまくってください。
これ、なんだったっけ?ってくらいに。
あ、ラーメンの汁に浸してもおいしいかも
しれませんよ?
レッツトライ!

coniglia URL 2007/09/30(Sun)23:06:34 COMMENT編集
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.