忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[05/16 ノモ]
[05/08 桂子ママ]
[05/04 conigla]
[05/01 はやしのりこ]
[04/16 conigla]
[04/10 葉っぱ]
[04/10 葉っぱ]
[03/20 NONAME]
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2018.06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
prev : 05月
next : 07月
2006~2010のイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。2018~は愛する老ワンコとインドに移住中。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
71 70 69 68 67 66 65 64 63 62 61


結局2往復することになったダムへの道。

ガソリンも満タン。
早朝メールでダムのことを教えてくれた友人から
いろいろアドバイスももらった。


安心できると運転も軽快だ。


果して、引き返したダムの少し先にその場所はあった。




この看板も水の底に沈むのか。



  



勢いよく流れる小さな川のせせらぎの音が
この場所のBGMだった。






    


ボロボロになっていた村の歴史。
かつてここにあった村の記憶。
  




ここになにがあったのか・・・




  





途中、茶色の猿が道に飛び出して走り去った。

彼の未来を祈った。







この地とあの橋との間が水に満たされる。






      


唯一残る建物。

思わず駆け寄った。



  

真っ白に焼けた針だけの時計と、かろうじてぶらさがる
スピーカーから、学校だとわかった。



哀しいほど朽ちて、静かで、小さかった。







既にできている未開放の新しい国道の橋と展望台。
此処から見る風景も変わる。



友人がいっていたように、写真で見るのと実際触れるのとでは
全く違う。
そして何より記憶に残る。
抱きしめたいような・・・愛おしい、記憶。




相棒と走った地面の温度、感触、空気、風、日差し、緑、影、
この場所の命全てを忘れないでいたい。







追伸:
結局G県を離れたのは昼前。
予定は大幅に狂い、仲間に迷惑をかけてしまった。
深く反省!!
ビート集団にお会いしたかったなあ・・・





拍手

PR
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.