忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[05/16 ノモ]
[05/08 桂子ママ]
[05/04 conigla]
[05/01 はやしのりこ]
[04/16 conigla]
[04/10 葉っぱ]
[04/10 葉っぱ]
[03/20 NONAME]
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2018.06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
prev : 05月
next : 07月
2006~2010のイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。2018~は愛する老ワンコとインドに移住中。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
76 74 75 73 72 71 70 69 68 67 66


まだ若い頃のある夏の夜。


星を眺めるためによく通った山の中の誰もいない駐車場で
真夜中に素っ裸になって寝転んだことがある。
誰かくるんじゃないかという不安もあったけど

仰向けになって、夏の夜空が広がる満天の空を見上げた。
届きそうな、でも届かない無数の星。
空に向かって大きく手を伸ばした。

今度はうつ伏せに寝転んでみた。
真昼の太陽の匂いが残る、地面の温もりが素肌に伝わって
そこに吸い付いたようにしばらく動けなかった。
気がついたら、大きく両腕を広げて地面を抱いていた。


宇宙の呼吸と地球の心臓の音。
愛おしい、灯りと温度。


・・・ああ、”抱く”ってこういうことなんだ。
そう思った。










そしてちっぽけな私たちは今日も
地球に、宇宙に、抱かれている。







拍手

PR
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.