忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[05/16 ノモ]
[05/08 桂子ママ]
[05/04 conigla]
[05/01 はやしのりこ]
[04/16 conigla]
[04/10 葉っぱ]
[04/10 葉っぱ]
[03/20 NONAME]
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2019.09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
prev : 08月
next : 10月
2006~2010のイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。2018~は愛する老ワンコとインドに移住中。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





今回の旅はベルギー・オランダ+周辺小国を巡る予定なのだが、ベルギーも
オランダも同じくらい小さな国(日本全土の約8分の1・九州くらい)なので、
首都に拠点を置いて、そこから日帰りで旅を楽しむというスタイルをとった。
(ドイツやフランス、イタリアでは広すぎてムリ)

ここベルギーではブリュッセルに数日間宿をとり、そこから日帰りで
ベルギーのいろんな町を巡ることに。
で、ブリュッセル。
イタリアの片田舎からきた我々がホレボレするほど都会。
(これはドイツに行った時も感じたが、例えば”イタリア一の都会”であろう
ミラノと他ヨーロッパの都会とはなんか違う。イタリアって根本的に田舎
というか泥臭いんだよね・・・)
ただ、並ぶ店舗はイタリアでもよく見るものばかり。
そのうえ秋物が多く、結局この町であまり買い物をしなかった。

ということでウインドーショッピングをしつつ、ブリュッセルの観光ポイント?
を少し廻った。
まずはホテルから歩いていける距離の場所をぶらり。










町の果て?のような広場に出ると、そこはプラエール広場。
(後ろの改装中?の建物はヨーロッパ最大級といわれる最高裁判所)
塔はお墓?のような造り。
中世では、この辺りは絞首刑場として使用されていたとか・・・

ちなみに観光客は普通ここから少し歩いた先の王宮とかロワイヤル広場の
方に行くらしい。我々はどうもマイナー嗜好??








でもここからの景色はなかなか絶景・・・旧市街が見渡せる。
前方の旧い建物と後方の高層ビルがなんとも不思議な調和。






ここから急な石畳の道を下って次の目的地「ノートル・ダム・デュ・
サプロン教会」へ。


青空に映える白亜のゴシック建築が美しい。







脇には緑色の(!)紫陽花が見事に咲いていた。





中は自然光に輝くステンドグラスがとても素晴らしく、見事。
赤い蝋燭に娘と火を灯してきた。


その後も店々のウインドーを覗き込みながらテクテク歩く。
アップダウンの道とアンティークで美しい建物は絵になる。







日本人にとってチョコレートといえばベルギー!というだけあって
チョコレート屋さんがいっぱい。
でもこのお店、よく見たらベルギー以外では日本にしか支店が無い?!
(ちなみにイタリア人にとってチョコレートといえばスイスだそう)






次の目的地「小便小僧」までの店々でもチョコレート屋がずらり。
同じくらいお土産屋さんもいっぱいあるのだが・・・




・・・このお土産、微妙だな・・・
さらに・・・






!!こんなコスプレ小便小僧レプリカも・・・(ちゃんと開いてるし)

面白くってついここで小便小僧のトランプをお土産に購入。
このトランプは小便小僧がいろんな国から送られた彼用の衣装を着て
写ってる姿が使われていてなかなか面白いのだ。





そしていよいよホンモノにご対面~












残念ながら触れることはできない高嶺の花。(笑)
でも観光客もいっぱいいて人気者。
ちなみにガイドブックを読んだり”小便小僧”でググってみると、
いろんな面白い話が出てくるので時間や興味のある方はどうぞ!

その小僧のそばにワッフル屋さんがあったので早速購入。
昼食前なのに、香ばしく甘い誘惑に負けた・・・








これが素晴らしくおいしいんですよ、奥さん!
ベルギーワッフルといえば、パリパリとした固焼き風のもの(そのタイプ
はリエージュ・ワッフルというらしい)を想像していた。でもこれは違う!
ふっわふわであつあつで、バターとハチミツがたっぷりでウマイ!!
トッピングもたっぷりでさぞかし甘アマだろうと思いきや・・
意外とアッサリしているのだ。これぞブリュッセル・ワッフル!


この後昼食なので一個を3人で分けた(賢い!でも奪い合いになった・・)
のでお腹に余裕がある。目指すはヨーロッパ一旨いラーメン屋らしい
日本人経営の店へ。



途中見かけた王立美術館。
時間があれば入りたかったな。





日本人が多いのだろうが・・・日本語で書かれた看板には驚いた。



辿り着いたラーメン店には「バカンス中」のガックリ貼紙が。





時期的にもやっぱりそうだよね・・・と溜息。楽しみだったのだが。
仕方なく他の店を探す。
この辺りは中華や韓国料理店があって、アジア人も見かけた。

結局無難なカジュアルレストランへ。
メニューがフランス語かオランダ語みたいで全く読めない・・・
せめて英語メニューがあれば有難いのだが・・・


迷った挙句、娘はイタリアン(ボロネーゼ)、相方は体調不良でコーヒーのみ。
ワタシはランチメニューにチャレンジ!!

ボロネーゼはイタリアのとは全く違う味・・どちらかといえば日本の
ミートスパに似てるかな?
そしてワタシのランチはベルギーオリジナルのクロケット。
(オランダ語でコロッケのこと)
ホクホクしたじゃがいもと湯通ししてほぐしたブロッコリーがたっぷりの
中身と、アッサリしたタルタルソースが抜群に美味しかった。





その後ランチは2皿あったことが判明。エッ?
タイ風焼き飯と牛肉の串焼き!
これがまた美味しいの・・・お肉が柔らかいしご飯だし。




ただ・・・犬並みの嗅覚を持つワタシ。家族の誰も気がつかなかった
ただならぬ匂いをするどくキャッチ。
なんとこのタイメシの中にパクチが入っていたのだ。
(ちなみにワタシはパクチを食べたことがないのだが、もしやこれが
悪名高きあの香草パクチではないか?とタイ経験者の相方に聞いてみた)

画像がブレてしまって見難いですが、緑の草っぽいものはパセリ、赤い
のはチリソースというクセの強いものばかりで見た目にもパクチは全く
わからないのによくわかったな・・・とパクチ嫌いな相方を驚かせた。
ちなみに本場タイではパクチが山盛り入って出てくるらしい。
この味や香りが山盛り・・・義理の兄は大好物らしいがワタシはムリだ。
それにしても生まれて初めてパクチを食べたのがベルギーというのも
なんだか不思議である。

ちなみにこの2皿で10ユーロ弱。
娘がマズイといって残したパスタは12ユーロ。

支払いのレシートを受け取ると、頼んだものと金額が違う・・・
ウエイターを呼んで違うことを指摘するとアッサリ認め、違うレシートを
すぐに持ってきた!(確信犯?!)
オランダでも似たようなことがあったので、日常茶飯事なのかもしれない。




メニュー読めないよ~と言ってたけど、よくよく見たらクロケットと
読めなくも無いね。
この国にいると英語や他の言語に関するカンが研ぎ澄まされて、
なかなかいい刺激になった気がする。(イタリア語を忘れてゆくけど)


さて次の目的地へはメトロ(地下鉄)で移動。
販売機にカード専用のものがあり、そうとは知らず執拗にコインを入れて
戻ってくるコインに四苦八苦。
そのうちに駅員がやってきて親切に教えてくれた。(汗





ブレてますが、こんな感じで下が見える面白い造りの構内。


ヒトが多かったので撮影はできなかったが、まあまあ乗り心地のよい
車内だった。(イタリアより紳士的な運転だし綺麗だった・・)


メトロを降りた先の目的地はギャラリー・サンテュベール。
ヨーロッパ最古のアーケードでブランド通りとなっている。
(ここにもイタリアブランドが結構並んでいた)
チョコレート店もいっぱいあって、ウインドーを眺めるだけでも楽しい。








意外と気がつかない?!このアーケードの柱に日本人女性の名前が・・・
調べてみると、なんと!ベルギー人の漫画家が書いてるヒロインの名前らしい。
こんなサイトも見つけた。うーん、ベルギーに愛されてるんだなあ、日本。








アーケード近くのイロ・サクレ地区。食い倒れ横丁といわれているらしく、
昔は肉屋が軒を連ねていた独特の雰囲気があったらしい。
ここはガイドブックでも客引きやぼったくりに注意!と書かれているが
実際どうなのかは不明。ただ店の数はすごそうだ。


さて、いよいよ今日のメイン、世界遺産でもあるグラン・プラスへ。








うーん・・素晴らしい。晴れてよかった!
建物はそれぞれ中世の頃よりギルドハウス(西欧諸都市において、商工業者
の間で結成された各種の職業別組合のこと)として作られたもので、
各建物には面白い名前がついている。番号が見えるかな?

ちなみに2年に1度、この広場に花絨毯が敷かれてそれは見事らしい。
(調べたら2008年のフラワーカーペットは8月14日~17日の予定だったとか。
うーむ。ちゃんと事前に調べて行くべきだったかな?(笑))





一角にはもちろんあるゴディバ・グランプラス店。

実は日本でも食べた記憶が無いゴディバ。
そんなに人気なら食べてみようぞ!と入店。




ニューフェイスらしい店員さん。
めっちゃ親切で始終笑顔のイイ男。でも不器用な男。(謎)

いろんなチョコがあって目移りした・・・
価格も日本で買うよりかなーり安い!







その後ちょっとお茶しようと立ち寄ったカフェ・・というかバー?
ベルギーではカフェというより一杯飲み屋的なバーが結構多い。
やはりベルギービールの影響かな・・(ワタシはビール苦手)

しかしこの看板の文字!日本語なのもビックリだが上手!!!
きっと日本人が働いてるんだろうな・・・





この店の外のテーブルでコーヒーを頼んで飲んでいると、割と小奇麗な異国風の
少女がトコトコとやってきてなにやら一生懸命喋ってくる。
ジェスチャーや言葉のニュアンス(何語かは覚えていない)から”物乞い”
であろうことがわかった。こういうことはイタリアでも時々あるので、相方が
キッパリ「ノー!」と断ると、今度はワタシに執拗に話してきた。
え・・・相方が断ったのに・・と困っていると、隣のテーブルの外国人と
店のオーナーが「あっちへ行け!!」と彼女を追っ払った。
そんなに厳しく言わなくても・・と思ったが、ワタシの行動=全日本人の行動
と判断されて、それが他の日本人観光客の迷惑(タカリや盗みの的)となる
可能性があるのだ・・と、改めて気を引き締めた。
隣のテーブルとオーナーに礼を言ってその店を出た。










夕食はここからホテルに戻る方向にある日本料理店で・・と考えていたので、
足早にメトロへ向かう。





ベルギーのメトロ(地下鉄)はチケット販売機でチケットを購入して、
その傍にある自動検札機(ガシャンと日時を刻印する)にチケットを
差し込むだけ。
抜き打ちでチェックがあるだけで、無賃乗車もラクラク?
いやいやこの国のモラルがちゃんとしているという証だろう。


夕食前なのに、またしてもベルギー・・もといブリュッセル・ワッフル。
地下街でも売ってる美味しいワッフル。今回はハチミツだけかけた
シンプルなのを食べた。(これがまたウマイ・・・)











夕食は本当に久しぶりの日本人による和食。
あ~・・・五臓六腑に染み渡る美味しさ。至福のヒトトキ。
もちろん焼酎もグビグビ。(清酒は残念ながら売り切れ・・・)


ちなみにブリュセルで見かけたクルマたちをコチラにて別アップ。
(ベルギー編として全3ページ。興味のある方はどうぞ!)
明日はクルマでここブリュセルより北西の町、ゲントとアントワープへ行く。




(10日間の旅⑤ベルギー・ゲントとアントワープへつづく)















拍手

PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
PASS
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
「無題」
歴史を感じる美しいステンドグラス! 世界遺産に美味しそうなワッフルw

ため息がでちゃうほど素敵な旅だね~
じょー 2008/08/23(Sat)16:21:47 COMMENT編集
「Re:無題」
ちょっと駆け足だったので、いろいろ見逃してます・・・
ブリュッセルはまたゆっくり見て廻りたいですね~^^
ワッフル出来立てでマジ美味しかった!
2008/08/25 08:19
「無題」
わたしも
yoko tsuno の
看板にびっくりしました。
帰ってググっちゃいました☆

ぽも 2008/08/23(Sat)16:42:45 COMMENT編集
「Re:無題」
お!気がつきましたか~
他の人のブログや旅行記見ても、あんまり書いてるヒトが
いないみたいで・・・でもなんか嬉しいよね。^^
2008/08/25 08:20
「無題」
うわ~^O^
めちゃくちゃ懐かしいなぁ

あたしも同じ店で、ワッフル食べましたよ^m^
しかも、トッピングまで一緒!(笑

あの当時、ベルギーの食べ物はあたしにとって、とても輝かしく、おいしいものでした;;

^^;(あはは・・・
のりりん 2008/08/23(Sat)19:29:12 COMMENT編集
「Re:無題」
その節はいろいろ教えてくれてありがとう!
ブルージュには時間的に行けなかったけど、対の町?といわれている
ゲントに行きました。後で調べたら二つの町はなんだか似ていて
のりりんと色々話したいな~・・と話すことが増えてゆきます。(笑
イギリスには行ったことないからわからないけど、のりりんの旅行記
見たら食に関してはかなり残念なんだね・・・
でもやっぱ行ってみたいな~イギリス!!
2008/08/25 08:28
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.