忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[05/16 ノモ]
[05/08 桂子ママ]
[05/04 conigla]
[05/01 はやしのりこ]
[04/16 conigla]
[04/10 葉っぱ]
[04/10 葉っぱ]
[03/20 NONAME]
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2019.09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
prev : 08月
next : 10月
2006~2010のイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。2018~は愛する老ワンコとインドに移住中。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





ゲントで長居してしまったため、アントワープに向かったのは
観光ポイントが軒並み閉まる夕刻になってしまった。






ベルギーのカメラ発見!!くわばらくわばら・・・
ドイツと同じくベルギーの多くのクルマも法定速度で走ってる。
安全運転。










ゲントから約30分でアントワープへ。
アントワープと聞くと多くの日本人が思い描くのは「フランダースの犬」。
そして多くの日本人がカンチガイしてるように、ワタシもアントワープ
そしてフランダースはオランダと思っていた!実はベルギーなんです!!
(風車出てくるしアロアがオランダの衣装きてるもんね・・あれはイカン(笑))

ブリュッセルとゲントそしてアントワープを地図上で結ぶと
ほぼ正三角形ができる。それぞれまでの距離が大体同じってことかな?

クルマを地下駐車場に停め、町を歩く。
ベルギーのどこの町でも駐車場がきちんと用意されていて(だからイタリア
のように路駐だらけで道が酷い!ということが無い)その上セキュリティが
しっかりしていて駐車場へ入るドアにカギがかけられており、パーキング
チケットがそのドアを開けるためのキーになっている。











ベルギーにもあったカルチーノ
でもこちらのほうがオシャレな気がする・・・


しばらく歩くと大きな教会がある広場へ。










大き過ぎて全体が入らないほど・・・
このノートルダム大寺院は、約123mもあるベルギーで最も大きな
ゴシック教会で、昔は船が港に来る時のよい目印になったとか。さもありなん。
ここにはルーベンスの傑作もあるが、残念ながら17時には閉館で入れず。


教会の目の前にピカピカのまだ新しい「ネロとパトラッシュ記念ベンチ」
があるのを発見!!!








はじめこの上に外国人観光客数名が座っていて、全く気がつかなかった。
カフェに埋もれていたりして結構地味かも・・・
しかもトヨタの文字?スポンサーか???



そしてさらに奥へ進むとアントワープの中心、市庁舎へ。
見事なルネッサンス建築・・・なんだけど・・・

???なんのイベント?すごい盛り上がり・・・
(ちなみに赤い垂れ幕にある手のマークはアントワープのしるしかと。
アントワープとは「手を投げた」という意味で、昔この地で猛威を奮って
いた巨人の手を勇者が切り取り投げ捨てたという伝説からきている)













さり気なく我々もヒトの波にまぎれ、レースらしきものを観戦。
近くのフランス語を話すご婦人とその旦那様に話を聞くと、どうも自転車
レース(しかもバイクのようなモーターつきのものも混合で!)が一日中
アントワープの町中で行われているらしい。

娘と並んで前に出て見ていると、係員のおじさんがトコトコやってきて
娘に向かって”手を出してごらん!”といってる。なんだなんだ???






なななんと、キャンディーを山盛りくれた!
なんでも子供たちにプレゼントしてるのだとか・・・
でも他の子供には数個しかあげてなかったんだけど・・・?





食べ切れません・・・
CDはゲントの城でバイオリニストの少女から貰ったもの。









ゴールまで何周かするらしいので、とりあえず場を離れ観光へ。
しかしスゴイ人・・この辺りの建物、今日はゆっくり見られないな。(苦笑い)

そのまま歩いてすぐのアントワープの城、ステーン城へ向かう。










10世紀から16世紀まで使われていた要塞の一部で牢獄・刑場としても
使われたらしい。(ベルギーの城って・・・)現在は海洋博物館として
開放されているが、ここも閉館が17時前と早いため入館できず。

城手前のブロンズ像、巨人と驚く人間の姿がなんだか面白い。







門をくぐる。
場内には入れないが、周りを見ることはできる。











船が展示されてる・・・
残念ながらチェーンがされていて上に乗ることはできず。
ふと見た後方の建物群、美しいなあ。


向かって左手に流れるのは豊かなシュヘルド川。
客船やフェリー、ヨットなどが夏を謳歌していた。










ずんずん行くと突き当たりに小さな城?







カフェ兼レストランだった。ちょっと早いけど夕食にする。
メニューはやっぱり読めない・・・せめて英語があればなあ。
冷たいミンチ??という食べ物にトライするも、ちょっとナマっぽくて
食べられなかった・・・

店内にももちろん席はあるのだが、みんな外で飲み、食べている。
ヨーロッパは湿気がなく、風がとても心地よいので外で食べるほうが
断然気持ちよいのだ・・・





食前酒に頼んだスパークリングワイン。
ビールが飲めたらよかったのだが・・・
(後で気がついたのだが黒ビールは飲めるので頼んでみればよかった!)






食後のコーヒー。
やっぱりたっぷりある。エスプレッソでもカプチーノでもない
アメリカンな感じだがオイシイ。
添えられたカステラのようなお菓子も美味しかった。






川岸には何組ものカップルが静かに、ただ静かに川の水面を眺めていた。
素敵だな・・・
(と絵のような情景にウットリしつつ、晩御飯はどうするのだろう・・と
余計なお世話的ことを考えたワタシ)







ご馳走様でした!(あんまり食べてないけど・・・)


テクテク歩いて違うルートから来た道を戻る。
自転車レースはまだ続いているようだ。









ドイツと同じように自転車専用の信号や道がちゃんと設置されている。
ベルギーも自転車王国のようだ。


ふと急な傾斜がぐいーんと続く橋を発見。
渡ってみたい衝動に駆られる。








橋の向こう側は船やクルマの駐車場、シュヘルド川と倉庫そして
たくさんのヒトの風景で・・・正直あまり綺麗ではなかった。
露店で買ったワッフルをパクつきながら、振り返って町の様子を眺める。









!!!
おお、今ゴールしたんだ。お疲れ様!


スタート地点だった市庁舎辺りに行ってみると、なにやら人だかりが。











表彰式が行われてました!
おめでとう・・・!!



21時頃にようやく暗くなるベルギー。
アントワープにはあまりゆっくりいられなかったけど、思いがけない
イベントのおかげで面白い思い出が出来た。








(10日間の旅⑦ベルギー・ディナンへつづく)












拍手

PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
PASS
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.