忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
☆2006年10月~南イタリアの アブルッツォ州vasto在住。 生まれてはじめての海外生活 に日々マイペースで奮闘中。
★当ブログバナー(お土産にどうぞ) ★メインサイト(HOME) ★画像掲示板(BBS)
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
最新コメント
[06/06 coniglia]
[05/24 ガク]
[01/23 qsnSIglro]
[08/02 coniglia]
[07/24 おんだ]
[10/23 佐藤]
[11/04 かなぶん]
[10/13 大型G]
[09/29 coniglia]
[09/09 新入り]
リンク
プロフィール
HN:
coniglia
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
★HNはイタリア語で♀ウサギの意。
詳しく知りたいキトクな方はメインサイトへGO!


メールアドレスはこちら。
coniglian@gmail.com

アクセス解析
2017.10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev : 09月
next : 11月
マイペースな管理人が綴るイタリア周辺やウサギやクルマや諸々の話。時々絵日記。リンクフリー。
standalone01.JPG
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






先日もうすぐドイツに帰ってしまうRさんとプチお茶会をした。






スイーツがおいしいパンナモーレというカフェ兼ケーキ屋さんにて。
画像のドリンクはノンアルコール・カクテル。
フルーツたっぷり&小皿に山のようなスナック付で5ユーロしない!
(飲み物の名前をド忘れした・・・スミマセン)




その時に、今日15日はテルモリ、明日16日はわが町ヴァストで
花火大会があると聞いた。
その後補習校の友人からも、フランカビッラという海沿いにある
ヴァストのそばの町で18日に花火大会があるというメールが。


・・・この時期はイタリアも花火大会目白押しなんだな。

行って見るか。

とりあえずテルモリの町に向かって車を走らせた。
(夕方から出かけないと、場所が無いよ~といわれたのだが、
肝心の開始時間を聞くのを忘れたのと、あまり早く行っても
時間を持て余しそうなので、とりあえず18時過ぎに出発。
着いた先で夕食を食べて時間を稼ぐことにした)






夕暮れ(19時前後)にもかかわらず、海沿いは結構な渋滞だった。





テルモリの街中も、たくさんのヒトやクルマで混雑。
ただ、これは花火のため・・というよりは、単に海沿いの町の
この時期のバカンスが原因のようだった。
(どこにも”花火のための陣取り”の気配が無い・・・)

開始時間くらい聞いときなさい!と相方に怒られる。
ホントだよな・・・ヤバイな、自分。



本当に花火が上がるのかさえ疑わしくなってきたところ、
それらしいポスターを見つけた。







なになに、21時30分から1時まで?!?!

どんだけあるのさ~?!




・・・ん?



よくよく見たら「ライブやディスコがその時間帯」とのこと。
花火はあるらしいのだが、明確な開始時間は何処にも書いてないし
周りに同じように待機してる風のイタリア人(カメラ持ってるヒト)
に聞いても、きっと「知らない」って答えるんだろうな・・的雰囲気。

ヒトはたくさんいるんだが、ただ単にしゃべってるだけな感じ。
いかにも”花火を待ってます!”ってヒトがいないのだ。


さすがに不安になりRさんにメールをしたら(←今頃かい!)
しばらくして返事が帰ってきた。
「たぶん0時頃始まると思います。でも15分くらいで終わっちゃう」

・・・爆笑。




そういえば、23時過ぎにいきなり花火がドンパチ上がるのを
何度家のベランダで見たことだろう。
それがイタリアのスタイルだった。



今から2時間近くも待てないなあ・・・
諦めてそのまま帰宅。まだ明日もあるさ。

帰り際、街中の大きな道路には色んな露店や大道芸人が。





ヒトの多さもハンパなく、23時近くになってもヒトやクルマは
この町にどんどん入ってくるようだった。
(この時間でも小さな子供を連れた家族が多いのには驚く)
警察官も多くいて、通行止めも始まった。


イタリアの夏の夜は長い。


明日のわが町での花火も、18日の花火も、
やっぱり夜中の0時頃始まるらしいので・・・
しっかり昼寝して見に行こうと思う。







15日は終戦の日だった。
原爆が落とされた2つの日。そして母の命日。
8月のこの数日間は黒い服を着た。
そして関係するいろんなことを見て、聴いて、思った。

・・・思いはカタチにしないとなあ、と焦る毎日。




ヒトの中にある”夏の夜”も、どれだけ長くて深いんだろう。












拍手

PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
PASS
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"coniglia" WROTE ALL ARTICLES.